スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

建築系の資格を取ってみました1

2015.03.04 12:53|雑感
あけましておめでとうございます。も言わぬまま、気が付けば3月です。
早いものです。

ブログをサボって何をしておりましたかというと、ちょっと休憩していました。
(仕事はもちろんやっております)

実は昨年、二級建築士試験を受験致しました。

造園業なので、必要はない資格なのですが、それでも思うところがあり、取得致しました。
思うところについては後日また書きたいと思います。

正確に言いますと、一昨年にも一度受験したのですが、学科・製図と2種類ある試験の
製図試験、落ちてしまいまして。

昨年、再チャレンジでした。

今回は、お蔭さまでなんとか合格できたのですが・・・・

老頭に鞭打って受験したまでは良かったのですが、まあ、昔の事を思うと、忘れるスピードがかなり速くなってしまっており、数値や言葉を覚えるのがとにかく大変で。

もう、記憶力が持続しないのなら・・・


忘れるスピードを上回る速さで超短期で勉強する!!コレしか残された道はありません。


我ながら良い方法を思いついたモノだ・・

「私ってあったまいい~~♪」とノーテンキな事を思っていたのは2日程だけで。

すごいスピードで大量の知識を詰め込むということは、それこそ1日も休む暇もないということで。

毎日仕事終わって、約2か月。
サボると次の日が苦しいので、
多分、1日も休むことなくテキストに触ったと思います。


こうして、私の古びた脳内CPUを酷使してしまったので、ちょっと休憩・冷却させてもらってました。


建築士登録も済ませ、リニューアルした名刺にも取得資格として二級建築士と書きこんだのですが・・・


先日、各地の同業者様と集まる機会があったので、早速名刺交換をさせていただきました。

で、ホント言うとちょっと期待してたんです。
誰か・・・気づいて・・



新しく取った建築士資格に・・・・・



だけど、私の名刺をご覧になって、資格欄を見て下さった方からは
建築士は華麗にスルーの上、


「女性で一級造園技能検定お持ちなんですか~!」



え、反応するとこソコ!?


1級造園技能検定とは

↓こちらのクリック先の内容の造作を決められた時間の間にまずは作成するという実地試験をこなした上で、

http://jflc.kir.jp/?imagepopup=niwa_navi/20130903_1316_23_0234w165_h126_popup.jpg&width=378&height=289&imagetext=NiwaNaviPopupImage

樹木の葉を見て、樹種名を回答する要素試験とペーパーテストの3つの試験を受けて取得する試験です。


無いと造園業ができないという事ではありません。
造園・外構業は、必要な資格というものはなく、造園業です!と名乗ったら開業できる職業です。


ですが、この様な資格も存在し、取得者は多いですが、簡単な試験でもありません。
取得なさってる方は、名刺に取得資格として書きこんでおられる方もたくさんいらっしゃるので、
造園業者の見極めをされる時に判断の一つにしてもよいかもしれません。



私個人は、現場作業をこなすセンスがないので、実技試験は相当苦労したけど、今は地下足袋を履くことも、現場に出る事も少なくなったので、取得した事も実のところ忘れかけておりました。
現場の資格なので、女性取得者は少ないと思います。

私が受験した時も、当然の事ながら女子一人(あの頃はまだ自分を女子と呼んでもいい年齢だったと思う・・・遠い目)

試験準備期間中は変なのがウロウロしてるという感じで、遠目に私を見る方々も多かったのですが、
あまりにもヘタクソで、気の毒に思ったのか、丁寧に試験前にご指導いただいた事を思い出しました。




でも、技能検定の資格に反応して頂いて思ったんです。

ああ、私やっぱり造園業なんだな・・・と
ものをつくったり、デザインする事は好きですが、やっぱり植物を扱った空間をつくるという魅力は独特です。

造園業は建設業に分類されていますが、植物という生き物を扱うという点において
他の建設業とは一線を画していると思っています。


私は図面にたくさんの樹木の配置図を書きますが、
後で現場を見に行くと、お客様に了解を頂いた上で、全然図面の通りに配置されてない事もあります(笑)

それは現場の人が私の図面を無視しているのではなく、樹木のカタチを見て、状況を見て、庭に合う様に、育ちやすい様に変更してるからなのです。
良くなっている以上、私も変更に異論はないですし、それ以前に、ただ図面に描いてあるからそこに植えましたではなく、樹木のカタチを見て、庭の様子を見て、ベストの配置を考えて植えてくれる現場の方々にはとても感謝しています。


で、やむを得ず図面と違う事をしても、樹形を見て柔軟に変更ができるのも造園業らしいな・・・と。




ということで、せっかく取得した割には、業界内注目度では 1級造園技能士には及ばなかった建築士資格ではありますが、
取得した事で見えた事も非常にたくさんあります。

造園は建築が無いと成り立たない部分が多いので、非常に関係性が深い分野でありながら
お互いにあまり関心を持ってない状況があると思うのです。

それはまた別の機会にでも・・





































スポンサーサイト

今年もお世話になりました。

2014.12.29 10:00|雑感
本日で昌三園も仕事納めです。

-----------------------------.
ガーデンアート昌三園は

2014年12月30日(火)~1月6日(火)までお休みとさせていただきます。
また、通常業務は1月8日(木)からとなります。どうぞ宜しくお願い致します。

------------------------------------------------------
ご紹介途中だったお庭を・・・

DSC_1786.jpg


DSC_1783.jpg


DSC_1787_2014122818124579f.jpg

DSC_1926.jpg


DSC_1924.jpg


完成時期が冬なので、落葉樹の葉がありませんが、
常緑樹の緑と落葉樹の枝振りがハッキリと分かるコントラストがキレイで、冬の庭も悪くありません。


カメラに全部収まりきってないのですが、
道路に対して非常に間口の広い庭なので、お庭の8割以上が道路から見える庭なので、
いかに、プライバシーを守りなおかつ開放感を維持して、お庭での生活を楽しめる様に設計するのかという事が一番のテーマでした。

お客様に実際に使っていただいて感想をお聞きしたのですが、
リビング前のテラス部分は屋外で食事などをしても道路から見えず、
屋外に出る機会も増えたとのこと。

開放感と適度な目隠しは、お庭を快適に利用する上での重要なポイントだと改めて感じました。


さて、今年も本日で仕事納めです。

お客さまをはじめ、すべての方に2014年のお礼を申し上げます。
また、2015年以降もどうぞ宜しくお願い致します。

元旦は冷え込む様ですが、皆様どうぞよいお年をお迎え下さい。

私の愛用品

2014.12.24 19:01|雑感
たまには私のプライベートについて書いてみようかと思います。(え、興味ない!?)

仕事に欠かせない電子機器を改めて眺めて、あることに気づいたのですが、



↓↓↓↓
S__4505603.jpg

注:下のモコモコは営業犬モカの前足です。


私は、白と緑しか選べない病になってるとしか思えない・・・・・・・・・・・・・・

ノートパソコン:白地に緑のモチーフ
スマホケース:白地に緑のモチーフ

マウス:基本白
無線LAN:白
iPad:裏側がうつってますが、表は白

マウスパッド:緑
USBハブ:緑
ヘッドホン:緑

ま、実際白と緑が好きなのですが、


その上、リンゴも好きな様で打ち合わせ室の小物入れやマウスパッドは

DSC_2044.jpg


リンゴだらけ・・・・・・・・・・




これ、全部無意識なのですが、私、造形物としてのリンゴも好きなんでしょうね・・・ま、実際食べるのも好きです。

アップルデニッシュとかアップルパイとか、アップルティーとか聞くと買わずにはいられません。



デザインをするという仕事に就いておきながら、私は自分で思ってる以上に、目新しいものを選ばず、変化を嫌い、同じものばかり選んでしまうタイプなんだな・・・とつくづく思った次第です。


私はあまり化粧品に興味はないのですが、
なんと、柄にもなく、フレグランス(香水)は愛用品を所有しております。
(また緑と白・・・笑)

DSC_2042.jpg


というのも、この香水の名前

右:「ナイルの庭」
左:「屋根の上の庭」 (通称:屋上緑化)


という名前でして、職業柄飛びついてしまいました。

エルメスから出ている○○の庭というシリーズの香水なのですが、
当然、私がエルメスの出向いて、

「香水くださる?」

などと言って購入したのではなく、

アマゾンにて、値段の安い順に並び替え機能を利用して購入しております。

特に「ナイルの庭」という香水は柔らかくて、馴染みやすく大好きです。


以上、私の愛用品でした。

今日はクリスマスイブですね。私は根っからの日本人ですので、特に思い入れはありませんが、
ステキなイブをお過ごしくださいませ。









新梅田シティ:植物と希望の巨大壁面 鑑賞記2

2014.04.04 14:12|雑感
昨日のブログの続きとなっております。

http://hanamoarashimo.blog11.fc2.com/blog-entry-220.html

さて、本来の目的、造園家と揉めている安藤忠雄さん発案の希望の壁を見るのが本来の目的だったので、
とりあえずキョロキョロと見回してみると



ありました。希望の壁
IMAG2588-1.jpg


フムフム中々の壁ですな。

さっきから、揉めてる揉めてると言ってますけど、一体安藤忠雄さん発案の希望の壁がどうして揉めているかといいますと・・・




昨年の事です。

「安藤忠雄氏「希望の壁」は著作権侵害 設計者が設置差し止めの仮処分申し立て」
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/130619/waf13061921110018-n1.htm

昨日のブログで、2か所のお庭を紹介したのですが、実はそのお庭は
この水路でつながっているのです。

IMAG2599-1.jpg

その水路の横にドカ~ンと緑の壁が建ってしまっている状態です。

ものすご~くかいつまんだ説明ですが


新梅田シティ離れて存在する2つのお庭が実はこの水路でつながっており、一体化しているコンセプトなのに、この巨大な緑の壁でそのコンセプトが台無しなんで、著作権侵害です!と庭の設計者さんが訴えたという事なのです。



結局これはこうなりました↓

安藤忠雄氏発案の巨大緑化壁 設置差し止め認めず 造園家の仮処分申請で大阪地裁

http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/130907/waf13090716050019-n1.htm

という結果になり、処分差し止めはならず、昨年秋に完成いたしました。


私もこの裁判の結果は、納得してます。

分かりやすく言うと、



新築家屋を建築したお客様が、昌三園にお庭の設計施工を頼みました

10年程たって、車が1台増えて、お庭のリフォームをすることになりました

ただし、今回のフォームは、昌三園とは別の○○造園にお願いしました


それを知った昌三園の女王が、
「私が設計した庭を勝手に変えてリフォームして 著作権の侵害!!ムキ~~~っ訴えてやる!!リフォーム差し止めだ!!」

訴訟勃発

裁判所
「お庭は流行や老朽化や使い方が変わればリフォームをしなければなりません。」
「設計者に許可をとらなければ庭のリフォームが出来ないっていうのは持ち主にとって大変困ることですよ」
「リフォームの中止は認めません!」



ということです。

そりゃそうですよ。お客様に引き渡した庭が設計者の許可なく変更できないなんて。
私どもも商売あがったりです。



ただ、一つ画期的だと思ったのは、

希望の壁の設置が、「著作者の意に反した庭園の改変にあたる」として

庭の著作権を裁判所が一部認めているという点です。


まだ駆け出しだったころ、平面図1枚だけ渡されて、明日までに適当に庭の図面描いといて(タダで)と某建築会社の方から言われた事がありますが、何なのでしょうね。

お客様の年齢は?場所は?車の台数は?家族構成は?家の壁や屋根の色は?何風の家ですか?
植物に水をやるお時間のある生活を送ってる方ですか?前面道路は広いですか?自転車は何台保有されてますか?
洗濯モノは?ご予算は?回りの風景は?お隣はどんな建物?人通りが多い場所ですか?
聴きたい事や情報はもりだくさん。

それらすべてを反映して考えるのがお庭です。
考えるのにそれなりの時間も、リサーチも必要です。コンセプトだってあります。

お庭は著作物。住宅のお庭とは事情が異なっているのでしょうけど、庭の設計に携わる者として少し嬉しい判決内容でした。





で、この壁なんですけど、
大阪マルビルの なんちゃって壁面緑化よりかなりレベルアップしております


この緑の壁は全部本物の植物だし、
土の入ったコンテナにたくさんの種類の植物が植えられています。

植えられている植物をメモって帰りましたが、(汚くてすみません)
IMAG2630.jpg


私達が普段よく使ってる植物の中でも、最強レベルの枯れない度を誇りなおかつ、葉の色が鮮やかなものや花が咲くものを上手に組み合わせていると思います。

メンテナンスは比較的やりやすいという印象でした。

私が行った時は、落葉樹の新芽が吹きかけで、ベニカナメモチの赤い新芽がアクセント色になってキレイでした。


IMAG2601-1.jpg

IMAG2591-1.jpg


希望の壁で大阪を緑化したいという思い。本物の壁面緑化。結構キレイ。メンテナンスも比較的やりやすそう。
訴訟の判決内容。何も否定するべき事項はありませんでした。



ただ・・・・



この場所につくるべきものだったのかと聞かれると。

えっと、



センスないかも・・・

(ホントすみません!!!)



お庭の設計者である吉村元男先生のお気持ちも十分わかります。



歩道からビルの谷間を見ると広がる里山の庭。田植えなども行い、それなりに今まで多くの方々の憩いの場になっていたと思っています。そこをこの壁で遮る必要があったのでしょうか?




今日は風がすごく吹いてます。春の嵐で、せっかくの桜の花びらも散ってしまいました。

風って意外と大切なんですよ。

あるお客様がおっしゃってました。

まわりに家が建つにしたがって、風が庭に抜けなくなり、毛虫を食べる鳥が来なくなった。
虫が大発生するようになった。殺虫剤を撒きたくないんだけどな・・・


この希望の壁でどんな変化が起こるかわかりませんが・・・


それから、この里山の庭にこの現代的な希望の壁は似合ってません。

ビルにはそれなりに似合ってると思いましたけど、わざわざ庭の風景を遮るこの位置に建てる必要はなかったと思います。この希望の壁を挟んだ道路の向こうには公園があり、その緑が見えた方が自然で良かったのにな・・・と思ったりする自分もいます。



庭をつくる人と建築家との感性の違いなんでしょうか?
庭をつくる時には借景といって周りの風景も参考にして考えたりしますからね。


著作権侵害ということで、吉村元男さんは訴訟を起こしましたけど、
事の本質は著作権云々ではなく、庭という広い自然を扱う空間造形物に対しての配慮の無さ、重鎮の安藤忠雄さんが何か言えば何でも通るのか、そういった事への反発だったのではないでしょうか?


そんなこんなで、希望の壁見学終わり。

帰途に就く前、ビル内に行列があったのでとりあえず並んだら、
強制的に屋上展望台へとつづく例で、ウッカリ並んでしまい、700円払って、新幹線1本遅らせて展望台を見学するハメに・・・




IMAG2608.jpg

IMAG2617.jpg

IMAG2617_20140404141132c98.jpg

梅田の再開発はまだまだ続きそうです。


















新梅田シティ:植物と希望の巨大壁面 鑑賞記1

2014.04.03 14:47|雑感
先日、所要で大阪に行ってきました。

よくいかれる方ならご存知だと思いますが、現在大阪の梅田は大改修中で、行く度にまったくワケがわからなくなっております。が、むかしのゴミゴミした感じと違い、非常に美しく近代的なランドスケープを見学する事ができます。

用事を済ませ、「日没前までに見学できるをころを見て回る!!」

を目標に行ってまいりました。

以前、建築家の安藤忠雄さん発案 梅田のマルビルの なんちゃって壁面緑化について書いたのですが、
http://hanamoarashimo.blog11.fc2.com/blog-entry-212.html

またしても安藤忠雄さん発案、昨年完成した梅田スカイビル「希望の壁」を見学することにしました。

希望の壁について

何故ここを選んだかというと、昨年、この希望の壁建設にあたって梅田スカイビル敷地内に作庭を行った造園家と裁判で揉めたと聞きつけたからです。

揉めた内容については次回のブログで紹介いたします。

私の様な造園業の者からすると非常に興味深い案件ですので。


ちなみに、私は、アンチ安藤忠雄さんでは決してありません。
安藤先生のサイン入りの写真集も持ってますし、建築物も素晴らしいと思っております。



しかし、建築家と造園家が揉めたと聞けばとりあえず、「どうしたの?」と思いますし。
単純な興味から行ってみる事にしました。


しかし、目的地の梅田スカイビルに行くまでにもキレイなランドスケープをキョロキョロ見学してしまい、
なかなか到達いたしません。


IMAG2505-1.jpg

IMAG2512-1.jpg

IMAG2497-1.jpg


お蔭で、この後の用事2件キャンセルです。



やっとついた梅田スカイビル

IMAG2518-1.jpg


こちらの敷地内には2か所の庭園が設置されています。

まず1か所目こちらは高低差を利用して水が流れる庭園で、360度方向から鑑賞できます。
外側から見るときは、水の流れを鑑賞し、庭園内の散策時には山を感じることもできて、非常に落ち着く場所です。

IMAG2554-1.jpg

IMAG2535-1.jpg

IMAG2543-1.jpg

IMAG2550-1.jpg

IMAG2552-1.jpg


とても落ち着きます。


もう一か所は里山の田園風景をほうふつとさせる空間です。
本当に農作物が植えてあって、自然を知り、自然を利用して、共生してきた日本の原風景を感じる空間でした。

IMAG2558-1.jpg

IMAG2571-1.jpg

IMAG2580-1.jpg




庭の仕事に携わるモノとしては非常に勉強になった空間でした。


美しいお庭をぼ~っと観て、本来の目的を忘れてしまうところでした。



さあ、安藤忠雄さん発案 希望の壁はどこだ???


つづく・・・














03 ← 2017/04 → 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

昌三園の女王

Author:昌三園の女王

広島県福山市「ガーデンアート昌三園」でお庭の設計の仕事をしております。

こちらも宜しくお願いします

ガーデンアート昌三園本サイト

昌三園の社長のブログ
昌三のあしあと
施工の様子はコチラカラ
昌三園施工日記
広島スタッフブログ
広島スタッフブログ

2009年以前の記事

2009年以前の記事はコチラから

最新記事

月別アーカイブ

リンク

最新コメント

Author: 昌三園の女王
“ 今何時? ”

“ ブログを書いて育てるぞ ”

“ カテゴリ ”

“ 検索フォーム ”

“ QRコード ”

QRコード

“ RSSリンクの表示 ”

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。