FC2ブログ

郵便局の木

2012.05.23 20:13|植物のこと
今日、タラヨウという樹木を仕入れました。

このタラヨウという植物、郵便局の木とも言われ、全国各地の郵便局によく植えられております。

何故かと言いますと、このタラヨウの葉、結構厚みがありしっかりしておりまして、
その上、葉の裏側に先の尖った物で文字が書けるのです。

だから葉書=郵便局の木となったワケです。

実際に、タラヨウの葉っぱに切手を貼ると郵便物として配達してもらえるので、
興味のある方は是非チャレンジしてみて下さい。

せっかく来たタラヨウですので、私も葉の裏に文字を書いてみました。

P1010502.jpg

これ、先が尖ったもので、葉の裏をなぞっただけなのですが、
意外にも鉛筆で書いたかの様にクッキリと文字が書けています。

P1010499.jpg

実際の樹木はこんな感じで、素朴な葉と樹形です。

モチノキの仲間で、秋には実がなります。

お客様への暑中見舞いをタラヨウで送ってみようかとおもいましたが、
郵便局さんにご迷惑がかかりそうですね(汗)

女王、ミモザワールドに迷い込む(3日がかりで書きました)

2012.03.17 15:27|植物のこと
去る3月8日はイタリアでは「ミモザの日」だったそうで。

1121dl.jpg


その日はすべての女性に感謝する日。男性たちは女性にミモザの花束を贈り、
女性達は家事から解放され、楽しく1日を過ごすということを知りました。



実は我が社のフェイスブックページに「ミモザの日」の事を掲載すると、
ミモザには香りがあるのかどうかというご質問を頂きました。

回答の為、ネットでミモザについて色々と調査すると・・・・・



そこから、思いもよらず、はてしないミモザワールドに迷いこむ事になってしまったのです。


調べたところによると、ミモザには主に流通している2種類、

○フサアカシア
imgp43491.jpg


○ギンヨウアカシア
img_6972-s.jpg


があり、よく似ています。

違いを述べるなら、

花や葉、樹木の大きさ共に「フサアカシア」の方が大きいということ。
それから「フサアカシア」の方に芳香があるということでしょうか


しかし、日本で主にミモザとして流通しているのは、芳香がほどんとない「ギンヨウアカシア」の方です。

理由は、「ギンヨウアカシア」の方が樹木が小さいうちからお花をたくさん付けますし、
大きさも「フサアカシア」より小さいので、日本には向いてるからだとの事。



ほぉ~~~。なるほど。
植木屋になって何年経つことやら、ひとつ勉強になった・・・ウンウン。



とサラっと丸め込まれそうになったのですが、

さっきから「ミモザ」の事を調べているのに、
出てくるのは「ギンヨウアカシア」だの「フサアカシア」だの、


「ミモザ」の「ミ」の字も出てこない・・・




じゃあ「ミモザ」って何やねん?


調べてビックリ。

ミモザって本当は「オジギソウ」の事なんだそうです。
そんな「オジギソウ」の学名は「Mimosa pudica」



確かに、オジギソウの葉っぱとミモザの葉っぱ。似てますね。
Mimosa_pudica_HabitusLeavesInflorescences_BotGardBln0906a-s.jpg

↑オジギソウ

imgp43491.jpg


↑ミモザ

オジギソウの花とミモザの花。色こそ違えど形状が似てますね。


そんなこんなで、アカシアの事をミモザと呼ぶ様になったらしいのです。


ほおぉ~なるほど。



本当は「アカシア」の事を「ミモザ」と勝手に呼んでるだけなのか!

また一つ勉強になった・・・




と、またしてもうまく丸め込まれそうになりましたが、








じゃあ、「アカシア」って何やねん?

日本の歌謡曲には「アカシア」を歌詞に盛り込んだ歌が多いのですが、例を挙げて見ますと




「思い出はアカシア」 歌:石原裕次郎(特にファンなわけではありません)

........思い出はアカシア 別れの白い花........

------------------------------------------------------

acacia[アカシア] 作詞作曲:松任谷由美

銀の花が散ってる風と陽ざしの中で 知らない町にきている....


---------------------------------------------------

このようにアカシアの花の色を白とか銀と形容しています。

そして、蜂蜜の原料の花として有名でもありますが

12003_l.jpg
山田養蜂場の蜂蜜の商品です。画像お借りいたしました。
アカシアと思われる花の絵がラベルに書いてあります。

黄色い花がトレードマークの「アカシア(=ミモザ)」なのに、花は黄色くありません??




じゃあ「アカシア」って何やねん?



つい先ほど、「ミモザ」は本当は「アカシア」という植物の事である。

と説明したのですが、


どうやら、日本で一般的にアカシアというと

Acacia.jpg

黄色い花が咲く「ミモザ」の事ではなく
こちらの白い房状になっている花が咲く木の事を言っている様です。



この「アカシア」と呼ばれている植物、本当は「ニセアカシア」(和名:ハリエンジュ)と言います。

丈夫で花が美しいので、街路樹にも多用されております。

キレイな花姿に似合わずトゲを有しておりまして、私を含む、造園業の皆様からの評判は悪いです。

ニセアカシアの剪定の時はトゲのせいでしょっちゅう


「イデ====!!」

と叫ばねばならず、作業着も破れたりして私自身もあまりいい思い出はありません。



実は、この「ニセアカシア」

明治時代、さかんに輸入された時期がありまして
その当時は「ニセアカシア」ではなく
「アカシア」と呼ばれていたのです。

ま、学名が「Robinia pseudoacacia」なので、あながち間違いではありませんが・・・





しかし、時が経ち、現在ミモザと呼ばれている、「フサアカシア」や「ギンヨウアカシア」が輸入される様になってから、区別する為に「ニセアカシア」と呼ぶ様になりました。


ほぉおおお~~~、勉強になった。

いやしかしヤヤコシイ。



話を要約すると、

「ミモザ」は本当は「オジギソウ」の名称


でも、「オジギソウ」に似ている「アカシア」の事を勝手に「ミモザ」と呼んでいる。


しかし、昔から、日本で「アカシア」と言えば、白い花がついてる樹木の事をいっていた。


実は、昔日本で「アカシア」と呼ばれていた植物は実は「ニセアカシア」という植物で、
今でも「アカシア」と「ニセアカシア」を混同している場合が多い。



本当に混乱してしまいますが、




最期に、混乱ついでに申し上げるなら

mimosa tree(ミモザツリー)と検索してしてみてください。



出てくるのは「ネムノキ」なんです!!

124546771318916126127_R0011649.jpg


http://www.fast-growing-trees.com/Mimosa.htm

どうやら、海外(英語圏)ではミモザツリーというと、ネムノキの事らしいです。

なんでネムノキやねん?

イヤ、もう調べる気力がありません・・・・・・


本当にヤヤコシイですね。
でも、ミモザもアカシアもオジギソウもネムノキも植物学上でいうなら親戚同士の
近い種類なんですよ。


--------------------------------
ただ、ニセアカシアについて、注意を申し上げるなら
ニセアカシアは日本名でハリエンジュとも呼ばれ「外来生物法の要注意外来生物リスト」に加えられている植物です。

外来生物法の要注意外来生物リスト

繁殖力が旺盛で、日本の在来生態系を破壊する可能性がある植物なので
取扱いに注意する様にと環境省から注意が促されております。

花もキレイですし、丈夫ですが、むやみに植えたりしない方が良いのではないかと思われます。

実際、河原や空き地に大繁殖を遂げており、
私も現場作業に出ていた頃、刈っても刈っても生えてくるこのニセアカシアに困らされたものです。

--------------------------------------

ということで、3日に渡ってチマチマ書き続けた、植物の事。
ちょっとミモザについて調べ始めてとんでもない事になってしまったお話でした。

最後まで読んで下さった方、おられるでしょうか?

お疲れ様でした。
植物の世界は本当に奥が深いです。

それでは皆様、よい休日を!!


昌三園の植物たち

2011.05.09 20:07|植物のこと
GWも終わりましたね。

GW明けに出社してみると、突如夏になったかの様な暑さです。


この前まで窓やドアを開けていても気持ち良い風が入ってくるだけだったのですが、今は風とともに虫がフラフラと舞い込む始末。

最近ずっとずっと、プラン作成に追われていて、気が付けばハナミズキ鑑賞も時期を逃し、イロハモミジの新芽が出る時期も見逃し、スミレはいつのまにやら花が終了。八重桜も葉っぱのみ・・・・


植物が一番美しいこの時期を逃しては、私は一体何の為にこの仕事をしているのやら・・・

そこで、気分転換に狭い敷地ですが、久々にカメラを持って社内をウロウロしてみました。

P1000218.jpg
購入した記憶も無いのに、何故か事務所の入り口で燦然と咲き誇る
多分レンゲツツジ

どっから来たかも記憶にないのに、今の時期、エエ仕事してくれてます。

P1000217.jpg
シャガ、微妙な色合いと模様がステキ。この時期以外はただの葉っぱです。観るなら今です!!

P1000222.jpg
アジュガ 人気のあるグランドカバープランツですが、植えっぱなしにしておくと・・・

とんでもない事になりますよ~~~~~。繁殖力はピカ一です。

P1000221-1.jpg
クサソテツ 地味なんですが、私大好きなんです。でも、私以外に好きっていう人聞いたことありません。
どなたか貰って下さい。

P1000220-1.jpg
クロバナロウバイ 色がシックでオシャレですね~。大・大・大好きです。

P1000219-1.jpg
マルバノキ 名前の通り丸葉なんです。秋には見事な紅葉をみせてくれますが、福山市内だと植栽場所によっては少々しんどそうです。あまり日が当たらないところがいいですね。最近、密かな人気樹種です。

P1000228-1.jpg
ヤブデマリ 花が咲かないとオオデマリと区別がつきません。アジサイと間違われる方も・・

P1000227.jpg
ネグンドカエデフラミンゴ 新芽がフラミンゴっぽい淡いピンクですが、もう新芽の時期が少し過ぎてしまいました。

P1000226-1.jpg
多分ですが、ヒメライラックかと・・・これもどうしてここに生えているのか不明なのですが、毎年楽しみな植物です。このヒメライラックももう何年も会社に居座ってます。

P1000225.jpg
和風のお庭の定番植物です。なんだか年々増殖している気が・・・

P1000224-1.jpg
シラー・カンパヌラータ ユリ系の植物です。そういえばもうユリの季節です。

P1000223.jpg
ヒトツバタゴ 樹形が乱れてしまい売り物にはなりませんが、毎年楽しませてもらってます。

P1000232-1.jpg
ドウダンツツジに似た白い花が咲きます。冬に花と実を同時に楽しめるという珍しい植物ですが、少し寒さに弱いかな・・?経験上、植えるなら暖かい時期をおススメします。

P1000229.jpg
下草置き場へ・・ヒューケラも開花時期です。

P1000231.jpg
ナルコユリにギボウシ 今が一番きれいな時期かもしれません。

P1000230.jpg
人気のアスチルベ 開花までもう少し!


5月って春と初夏の間くらいなのですが、ちょうど新芽の色合いが美しい時期です。
お花の色も春のピンク・淡いブルー系から、紫、白、オレンジなどシックでオシャレな色合いです。

本当に植物が美しい時期、5月 サイコー!!


さすが私の誕生日月。

昨日、何がどうなったか、誕生日のメッセージ遅くなってスミマセン!!!!

と慌ててメッセージを下さった方がいらっしゃいましたが・・・

大変ありがたいのですが、

安心してください。


まだ誕生日、きてませんよ!

でも、とっても嬉しかったです。ありがとうございました。

ほんの5分程度ですが、久々に植物に癒されました。

明日から大雨です。傘の用意をお忘れなく。

植物のチカラ

2011.03.05 22:14|植物のこと
施工日誌更新しました↓クリックしてください



プラスGのテラス 塀の塗装完成 育つ庭

以前、ハナミズキが冬も落葉せず、葉をつけたままの状態のお客様宅をご紹介しました。

http://hanamoarashimo.blog11.fc2.com/blog-entry-89.html

植物と接していると、思いもよらない事が起こるといつも思うのですが、

本日お伺いしたお客様宅でも不思議な事が起こっています。

CA3A0084.jpg

ヤマボウシの下にクリスマスローズが群生しているのですが、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%98%E3%83%AC%E3%83%9C%E3%83%AB%E3%82%B9
実はこのクリスマスローズ、お庭が出来た当初はこの場所にたったの1株しか存在していませんでした。

それが、現在はこの状況。

実は、お客様が植え足したのではなく、クリスマスローズの種が弾けて飛散し、飛散した場所からまた新しい芽が生え、次々と増えてこの様な状況になりました。

お庭のすべての写真は撮影してないのですが、実はこちらのお庭は庭中がすべてこの調子でクリスマスローズの増殖が起こっており、たくさんのクリスマスローズが生えているのです。

最初、お庭の中にあったのは多分3株程度だったと思うのですが、今では数える事すらできません。

お客様が随分間引かれても次々と増えるローズ達。

こんなお庭は見た事がありません。

クリスマスローズは大変人気のある植物です。
日陰にさえ植えておけば、水の管理もほとんどしなくてもどんどん大きくなりますし、病気にもかからず、丈夫です。ちょうど今の季節は開花期で、なんとも言えない上品な色の花を咲かせます。

我が社でも多用しており、植栽工事をさせて頂いたお庭のほぼすべてにクリスマスローズを植えています。しかし、株が大きくなることはあっても、種が弾けて大量の自然増殖を見る事ができるのはこちらのお庭だけです。


考えてみれば、最初にご紹介したハナミズキが落葉しない庭のお客様は、大変ハナミズキがお好きなのです。

そして、クリスマスローズが大量繁殖するこちらのお庭のお客様も大変クリスマスローズを愛好されており、お伺いすると珍しい品種も育てておられます。


ハナミズキが落葉しないのにも、クリスマスローズが大量繁殖するのも、きちんと科学的な根拠があるのだと思います。でも、私は思うのです。


植物って、オーナーさんの気持ちが伝わるんじゃないだろうか・・・?


オーナーさんの気持ちに応えるべく、精一杯生きているのかと思うとなかなかけなげですね。


私も好きな植物はあります↓

クサソテツ

名前も、姿も地味なシダの仲間です。まっすぐに伸びる美しいシダで、冬に落葉しますが、芽吹き始めた頃の姿が大好きです。
会社でも何株か植えてますが、この暖かさにもかかわらずまだ芽が出る気配ナシ。

枯れたんじゃないかと諦めた頃に芽が出るあたりが、マイペースの私と似ています。


皆さんもお好きな植物がありますか?

愛してあげると、驚く様な行動をとってくれるかもしれませんよ。

シビれた~!

2011.02.10 20:58|植物のこと
先日は久々の雨でした。

乾ききった地面に久々に潤いがもたらされましたが、相変わらず私のカラダからは静電気がパチパチ。

今日、電子レンジを触ったら火花が飛びました。


ここ数日は寒さが少し緩み、外での植栽作業なども気持ち良くこなせました。
こんな日が続きながら春になっていくのか・・・

と少しホッとしておりました。

今日も土曜日の植栽工事の準備をする為に、
シマトネリコを掘りに行ったところ・・・・・


110210_175217-s.jpg

!!!!!傷んでるし!!

仕方ない、別のシマトネリコを・・・





110210_175253-s.jpg

コレも

110210_175304-s.jpg

コレも!


全部傷んどるやないかい!

こういう寒さで傷んだ状態の事を植木屋業界の中ではシビれたというのですが・・・

この状態になったからといって樹木が枯れる事はないのですが、
お客様にお持ちする新植樹木では使えません。



マズい・・・マズいぞ・・・


きっと2月に入ってすぐの大寒波の影響に違いありません。


土曜日の植栽用にと思っていたのですが・・・

あわてて、岡山の植木卸の業者さんに電話したら



ウチのも全部シビれてます



何!?


ちょうど植木卸の業者さんのトラック便が九州に仕入れに行っていると聞きつけて、
お電話したところ、シビれてないシマトネリコを積んでいるとのことで。
それを譲って頂けることになりました。


つい2~3日前まではシマトネリコも普通だったのですけどね。
最近になって寒波の影響が現れたのですね。とりあえず一安心です。

そういえば会社のシマトネリコも葉っぱが茶色くなってフニャフニャになってました。

お庭にシマトネリコを植えておられる方は多いと思います。

皆さんのお庭のシマトネリコはどうでしたか?

茶色くなってても、枯れはしませんが、しばらくは我慢してもらうしかなさそうです。





07 ← 2020/08 → 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

昌三園の女王

Author:昌三園の女王

広島県福山市「ガーデンアート昌三園」でお庭の設計の仕事をしております。

こちらも宜しくお願いします

ガーデンアート昌三園本サイト

昌三園の社長のブログ
昌三のあしあと
施工の様子はコチラカラ
昌三園施工日記
広島スタッフブログ
広島スタッフブログ

2009年以前の記事

2009年以前の記事はコチラから

最新記事

月別アーカイブ

リンク

最新コメント

Author: 昌三園の女王
“ 今何時? ”

“ ブログを書いて育てるぞ ”

“ カテゴリ ”

“ 検索フォーム ”

“ QRコード ”

QRコード

“ RSSリンクの表示 ”