スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年に一度のソヨゴシーズン

2015.05.29 22:36|植物のこと
ソヨゴはお庭の中でよく利用される樹木(常緑樹)です。

赤い実のついたソヨゴがよく写真などで紹介される事が多く、この姿がカワイイとおっしゃるお客様も多いです。
8811764.jpg



が、このソヨゴ、雌雄異株で、雌木にしか赤い実は付きません。


普通にソヨゴを発注すると、雌雄どちらが手元に来るかは分かりません。
赤い実が付くものが欲しかったら、雌木を指定する必要があります。


わが社にもソヨゴのストックがあるのですが、雌雄どちらかは不明のまま入荷したものです。


が、しかし年に一度だけ見分けが可能が時期があります。




本日は、工事を控えたお客様の樹木発注リストを作成していたのですが、
「ソヨゴ、雌木希望」のお客様がいらっしゃるのを発見。


すぐに外に出て、見分け可能かどうかストックしているソヨゴを眺めてみましたが、バッチリ今がその時期でした。




ソヨゴは年に1度花をつけますが、その花で雌雄を見分けます。

9901401.jpg



2015-05-29-22-18-25_deco.jpg


この雌木の写真は、わが社のソヨゴで、この時点で、お客様のお庭に行く事が決定です!


いかがでしょうか?

ちょっと分かりにくいかもしれませんが、
ワシャワシャとたくさんの花がついているのが雄花

1個ド~ンと咲いてるのが雌花

http://www.ga-shozoen.co.jp/faq/howtogardening/soyogohanbetu.html

実が付かない・・・・という時は、もしかすると雄木なのかもしれません。
実際、実がつかないとおっしゃる方のソヨゴを拝見すると雄だったこともあります。
見分けもこの時期しかできないので、その時はお客様には花が咲いた時点でご連絡を頂いて確認に伺いました。


あ、もう初夏になったんだな・・・・と感じた出来事です。

今年は、何やら猛暑の気配がしております。
朝晩の涼しさが残っているので、気づきにくいですが、かなり屋外は乾燥しています。

意外と植物を枯らしやすい時期なので、十分ご注意ください!








スポンサーサイト

痛い植物

2014.11.07 13:57|植物のこと
すっかり秋も深まってまいりました。

趣味の本屋めぐりをしていたところ、新しい樹木の本を発見しました。

くらしを楽しむ 庭木の本

DSC_1449.jpg


この本、おススメです。プロの方にも、一般の方にも。


樹木図鑑の様な本はあまり頻繁に買う事はありませんが、
何年かに1回は買い足しています。

というのも、樹木にも流行があり、何年か周期で掲載される樹木が変わってくるからです。

パラパラとめくると、昔からある定番樹木のほかに、今までみなかった樹木も新たに掲載されていました。

今回気になったのは、メギという植物です。
DSC_1447.jpg

このメギは今に始まった事じゃないくらい、昔から庭木の本には掲載されている植物なのです。

葉の色が美しい低木で、庭のアクセント的な植物なのですが、
もう、何年も植えてないな・・・・とふと思いました。↓メギの画像
http://image.search.yahoo.co.jp/search?ei=UTF-8&fr=top_ga1_sa&p=%E3%83%A1%E3%82%AE

というのも、この木痛いんです。

まだ駆け出しの頃、メギの美しさに魅かれ、とある大きなお庭にたくさん植えさせていただいたのですが・・・

枯れる事もなく、育っておりますが、
とにかく痛い。

剪定でお邪魔させていただいても、棘があることを忘れて手を突っ込んで

「イダ(痛)~~~~~~~!!」

となり、痛かった事をわすれて、剪定の枝を片付ける時にまた枝を掴んで

「イダ(痛)~~~~~~~~~~~~~~~!!」ってなり、

枝を片付けたはずなのにまだ
「イダ(痛)~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!」ってなるからどうしたんだろうと思ったら

地下足袋にメギの棘がささっていたという、葉色の美しさとはウラハラになかなか嫌がらせ度高い樹木です。
そんな事も3年程続くと、いい加減私も学習して、
メギがある個所はシレ~~~っと避けて別の樹木の剪定をしてると、

事情を知らない新しいスタッフや、手伝いに来てくださってる職人さんが今度は

「イダ(痛)~~~~~~~~~~~~~~!!」ってなって

遠くで私はその声を聴きつつ、

「だろうな・・・・」 (妖笑)


と、メギ以上に性格の悪い事を行っているわけなのです。


こちらの本には美しく、管理も簡単、との触れ込みで掲載されておりますが、


細く鋭い棘がたくさんあって、小鳥も止まれないという意味で

メギは別名(コトリトマラズ)という凶悪な名前を持っています。

メギは結実するので、実が鳥に食べられない様に棘を持っているものと思われます。

でも、とても美しい植物なので、チャレンジできる機会がある方には植えていただきたい植物です。
今の時期は葉の紅葉と実が楽しめます。


注意!!台風で倒れる庭木ナンバーワンは・・・

2014.07.08 15:46|植物のこと
皆様、ニュースでお聞きの通り、超ビッグな台風が発生している模様です。

まだどのような進路を取るかはっきり分かっては居りませんが。
最悪の場合は日本縦断。

私の住む広島県にもやってくる可能性は十分あります。

台風の時はお庭のグッズでいろんなモノが飛んでいきます。
よく、お庭にプラスチックの空鉢やバケツを置かれてる方がいらっしゃいますが、
よく飛んでいってしまうお庭のアイテムですのできちんと片付けるなどして気をつけなければなりません。


カーポートやテラスの屋根も飛んでいきやすいもののひとつです。
特に古い波板状の屋根が付いているものは飛んでいきやすいです。
何かで押さえておくのが一番良いのでしょうが、
突然高い場所に上がって、慣れない日曜大工で台風対策をするのも危険な事です。

ひとまずは様子を見て、もし屋根が飛んでしまったら、通行人やモノに当たらない様にすぐに片付ける方が良さそうです。

植物も大変な影響がある場合があります。

よくお聞きするのが、植木鉢の倒壊。
大きなテラコッタ鉢にオリーブや少し高さのある植木を植えられている方。

結構な確率で倒れて、鉢が壊れているというお話を耳にします。
出来る限り、風の影響をうけない場所に移動してください。


一番大変なのが樹木の倒壊。

台風で今まで倒れた樹木ナンバーワンは・・・・

ゴールドクレストがダントツです。

植えたばかりの頃は、非常にかわいらしく、お庭の彩となってくれますが、
5年以上経つと当初のかわいらしさはどこへやら・・・

大成長を遂げて建物より大きくなっている場合も見受けられます。

こんなに大成長を遂げる割には、根の張りが浅い、浅根性 (せんこんせい)の植物で非常に倒れやすいのです。
台風の後に何度起しに行ったり、伐採したか・・・

丁度ガーデニングブームの折、ゴールドクレストが大流行しておりまして、
その頃に地植えにしたクレストくん達は順調に育てば今頃3mは余裕で超えているかと思われます。

根の浅い植物ですので、とにかく倒れやすいです。

もうかわいげもないし、倒れてもエエわ!!

と思われている方でも、あらぬ方向に倒れて、建物や人に害が及んでは危ないので、
ロープで括ったりして大きな倒壊を予防するが必要かもしれません。

3m以上のものが庭にある方はご注意ください!

ちなみに、ゴールドクレスト等のコニファー類は浅根性ですので、多きさの割に、根が張っておりません。
クレストに限らず、コニファー類を植栽なさっている方はお気を付け下さいませ。

季節の花々、せっかく美しく咲いておりますが、台風の時は諦めも肝心です。
花への影響を考慮して、カバーなどをかけても、カバーが飛んでいく可能性があります。
どうしてもきれいなまま残しておきたい場合は、一度地面から鉢上げして一時的に避難させてください。

パラソルや簾、テラスにガーデンファニチャーを置かれている方、必ず取り外してしまって下さい。

あんまりやる気マンマンで行いたくはない作業だとは思いますが、
備えあれば憂いなし。

皆様もどうぞお気を付け下さいませ。


水やりの方法

2013.07.19 16:40|植物のこと
梅雨も明けて、大変暑い季節となっております。

と同時に水やりの心配が・・・

夕方に水遣りをすると、周囲がひんやりとしてとても気持ちがいいモノなのですが、
そこでのんびりと、涼をとっていると・・・


蚊の餌食ですよ。

O型の私はエジキっぷりがただ事ではありません。
お酒を飲む方や、汗をよくかく方には蚊が寄り付きやすいと言いますが、


お酒も飲めず、新陳代謝が悪すぎて汗もほとんど出ない私に何故か群がる蚊の大群


一体何のフェロモンが出ているのかわかりませんが、とにかく水やりは手早くでも効果的に行いたいものです。


そんな昌三園のヒミツ兵器


スプリンクラー(ホームセンターにて500円以内にて購入)

IMAG0728.jpg

設置は非常に簡単で

IMAG0729.jpg

いつも使ってるホースの先を



IMAG0730.jpg

ワンタッチで付け替えるだけ。

IMAG0733.jpg

後は水遣りを行いたいところに設置して、蛇口で水量を調節します


が、


女王がウチの庭に植物植えすぎてるので、

スプリンクラーを置いても、植物に遮られて水がうまく撒けません!!


↓(参考画像)ワサワサ状態

IMAG0735_20130719170802.jpg

というお声も耳に致します・・・(汗)


そんな時は

IMAG0738.jpg


台を置いてその上にスプリンクラーを設置します。
ちなみに、昌三園では植木鉢を逆さまにして利用したり

IMAG0734.jpg

漬物樽を逆さまにして設置しております


数年前まで、蚊に1滴の血もやるまいと猛暑の中、レインコートを宇宙服の様に着込んで1時間以上かけて水やりを行っておりましたが、スプリンクラーのお蔭で今は不要です。

ただ、スプリンクラーを回す時はタイマー設置をお忘れなく!
家事やお仕事をしながらだとついウッカリ忘れて地面が大洪水を起こす事もあります・・・

水やりは、少量の水をゆっくり地面にしみこませるのが一番効果的なのですが、忙しい夕方にホースを持ってじ~っと立ってるワケにもいきません。
文明の利器をなるべく上手に利用して、効果的な水やりを行いましょう。

夏の終わりのお庭拝見

2012.09.08 19:59|植物のこと
皆様、残暑厳しい中いかがお過ごしでしょうか?

昨年の秋~冬に引き渡しを行ったお客様宅のお庭を少しづつ拝見して回っています。

もちろんすべてのお客様宅を訪問したのですが・・・
スケジュールや仕事の予定で、なかなか回りきることができず、本当に申し訳なく思っております。

仕事や打ちあわせの合間に拝見したお客様方のお庭は、
とてもよく管理されていて、本当に嬉しく思っております。

夏の管理といえば、特に水遣り。

今年は猛暑に加えて、雨もあまり降らず大変だったのではないかと思っております。

昨秋・冬に植栽工事を終えたお客様のお庭は、まだしっかり根付いていない事もあり、
水やりだけは何があっても行って下さい。

恐喝に近いくらい、水水と言い続けていたせいか、
本当にたくさん手間をかけて水やりをしてくださいました。


お蔭で植物は枯れることなく、イキイキとしていますが、
そうは言っても、この残暑。

夏の疲れが植物にも出ていて、葉が焼けたり、少し元気がないものも。

落葉樹は2か月程で葉を落とすので、葉がやけていてもあまり心配なさらず、
寒くなるにつれて、水遣りのペースを少しずつ落とす事などをお伝えして、
少しずつお客様のお庭訪問を行っております。


CIMG2323.jpg


CIMG2324.jpg

先日、お伺いしたお客様宅にて、撮影いたしました。
植えた植物は皆キレイに成長していました。

水鉢を設置しているのですが、毎日、鳥が水浴びをしにいている様です。

管理、ありがとうございます。


夏はとにかく 水 水 水と言い続けましたが、

これから、少しずつ涼しくなるので、今度は水遣りの頻度をすこし落として下さいね。
あまりやりすぎると根腐れをおこす場合もあります。

様子がおかしくなったら是非ご一報を!



09 ← 2017/10 → 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

昌三園の女王

Author:昌三園の女王

広島県福山市「ガーデンアート昌三園」でお庭の設計の仕事をしております。

こちらも宜しくお願いします

ガーデンアート昌三園本サイト

昌三園の社長のブログ
昌三のあしあと
施工の様子はコチラカラ
昌三園施工日記
広島スタッフブログ
広島スタッフブログ

2009年以前の記事

2009年以前の記事はコチラから

最新記事

月別アーカイブ

リンク

最新コメント

Author: 昌三園の女王
“ 今何時? ”

“ ブログを書いて育てるぞ ”

“ カテゴリ ”

“ 検索フォーム ”

“ QRコード ”

QRコード

“ RSSリンクの表示 ”

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。