スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

けんせつ小町

2014.10.29 16:48|時事ネタ
<新愛称>「けんせつ小町」女性進出促進などで 日建連
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141022-00000053-mai-soci

以下記事一部抜粋
-----------------------------------
日本建設業連合会(中村満義会長=鹿島建設社長)は22日、建設業界で働く女性のための新たな愛称を発表した。土木系の女性が「ドボジョ」の愛称で親しまれている中で、「建築系を忘れないで」との声を受けての命名。今後、業界の「公式用語」としてアピールしていく。
------------------------------------

ということで、私、昌三園の女王の事は今度から「けんせつ小町」と呼んで下さい。

正直ナイスネーミング!と個人的には思いませんが、
ケンジョ(建設+女子)とかの方が良かったかも・・・


今はもうほとんど現場作業をしてない私、昌三園の女王ですが、
かつては作業着で仕事をしておりました。

今程、現場に女性がいない時代で(ま、今でもあまりみかけませんが)
女性の現場作業従事者が珍しかったのでしょう。
街路樹剪定の時には行き交う車の中からジロジロ見られたものです。

当時はあまり名前を呼んでもらう事もなく、

「○○(会社名)のねーちゃん」と呼ばれたりしてました。


本当なら女性が居るはずの無い場所に、何故か一人いる場違い感はあったものの、
それでも皆さん、何もできない私に気を遣ってくださって受け入れていただいた事には大変感謝しております。


今は、よほど私が恐ろしいのか(そんな事を言われる筋合いはないのですが)
どなたもほぼ、さん付の名前で呼んで下さるのですが、
(もしくは、もはや、ねーちゃんではなくなってしまったのか・・・


当時は、現場はホントは男がやる仕事なんだけど、
まあ・・・こんな時代だし、入れてやってもいいよ。

というのが女性を扱うスタンスだったのですが、


現在、建設業界は空前の人材不足。

つい何年か前までは、建設・土木工事を伴う公共工事を無駄遣いと悪の権化の様に叩かれた時代があり、
その間に、工事単価は下がり、給料は下がり、技術者は引退し、次世代が育成されてないのが現状です。

うがった見方をすれば、現場で働く人が少なすぎるので、
今日から「けんせつ小町」って呼ぶから、
女の人も頑張って働いて下さい!!お願い!!



という国の一大キャンペーンの一環なのかもしれません。




でも、まだ多くは無いけど、建設業を真剣にやってる女性がいるのも事実。
女性が、「居てもいいよ」から普通に「居る」業界に少しはなってきたのかなと思ってます。


今は現場を離れて、設計したり、会社を回すことを考えたりする仕事が多い私ですが、

私の造園業の晴れの出勤第1日目の仕事は、街路樹剪定でした。
道路の排気ガスで顔が真っ黒になったと思って、顔を洗ったら、実は日焼けだったので、顔を洗っても、治らなかったという・・・

そんなこんなで今に至る私です。

「けんせつ小町」としても年季が入ってきましたが、これからもがんばっていきたいと思っています。












スポンサーサイト

あきらめない

2014.02.22 11:10|時事ネタ
私には、尊敬する人がいます。

一人はマザーテレサ

img463e1b5fzikazj.jpg


もう一人は浅田真央さん

slide_338386_3450309_free.jpg



先日のオリンピック女子フィギュアスケートの素晴らしい演技をご覧になり、涙された方も多いのではないでしょうか?


実は、私は昔からフィギュアスケートが大好きで、2008年から特に浅田真央さんの大ファンになりました。

ファンになったキッカケは、2008年世界選手権のこの演技です。


冒頭の3アクセルを飛ぶことすらできずに大転倒。
小心者の私はこの時に、見てられなくて、咄嗟にチャンネルを変えてしまった事を覚えています。

そして数分後、恐る恐る結果を見てみると、その後ノーミスで完璧に滑りきり、
すばらしい得点を貰った真央さんの姿がありました。

そして、優勝。
8059d62824a612c1dc99d69566f8b743.jpg




たった一度のジャンプの失敗で、すべてを諦め、チャンネルを変えてしまった自分を情けなく思い。
諦めなかった真央さんを素直にスゴイ!!と思いました。



私はこの日を境に、物事を簡単に諦める事をやめました。


とにかく、ピンチに弱い私は昔からすぐに物事を諦めたり、途中で投げ出したり、うまくいかなかったら言い訳したり。

ぬる~い人生を送っておりました。


仕事でも、資格試験でも、ピンチになった時、失敗をしてしまい「もう・・・ダメかもしれない」
そう思った時に何度この日の真央さんを思い出した事か・・・


そうやって、彼女の姿を追い続け時にはフィギュアスケートの会場に足を運び、彼女を見続けてきました。

その後、採点基準が変更になり、真央さんの様なスケーターに得点が出にくくなった事。

バンクーバーオリンピックの後、ジャンプを矯正する過程で、大スランプに陥った事。
お母様がなくなった事。
実力のある選手なのに、試合で力が発揮できなかった事。


彼女に様々な困難が襲い掛かった時にも、決して逃げずに、言い訳せずに、正面から向かい合ってきた彼女から勇気をもらい、また、共に泣き笑いを繰り返してきました。


そして、自ら集大成と決めたソチオリンピック。



ご存じの様に、前日のSPでは16位という、実力とは程遠い結果に・・・・

PN2014022001000888_-_-_CI0003.jpg




落ち込む真央さんを見るのが辛くて、その日は一切のテレビとネットニュースを見ませんでした。





でも、私はメディアを排除すれば真央さんを見ないで辛さを忘れる事ができるけど、
浅田真央をやめることができない彼女自身はどうなるんだろう・・・

不安の中で、とりあえずテレビを付け彼女の演技を見ることにしました。



結果はご存じのとおり。
AS20140221000472_comm.jpg


もう、メダルとか順位とか関係なく、すごいモノを見てしまったというのが率直な感想です。



そして、あきらめない また、ふとその言葉を思いだしました。




4年前のバンクーバー、せっかく取った銀メダルでも、辛そうに、不本意そうにしていた真央さん
asada_mao001.jpg



そして今回、メダルには手が届かずとも、納得した顏で声援に答える真央さん
076.jpg



ここからも、彼女の目指していたモノが、分かります。
彼女が本当に目指していたものは、メダリストという称号ではなく、オリンピックという舞台で自分の納得いく演技をすること。メダルは納得いく演技についてくるもの。


トリプルアクセルなどなくとも、彼女は十分に得点を得られる選手です。


実際、他の選手はトリプルアクセルは跳べません。

でも、そこを敢えて跳び、すべてのジャンプを成功させ、納得のいく演技をする事。
彼女の演技はメダルを取る為の点取り作業ではなかったのです。

本当に素晴らしかった。




ずっと応援し続けて、ホントはオリンピックの前から少し思ってました。もう順位なんてどうでもいい。

笑顔がみたい。



真央さん。笑顔をありがとうございます。


あきらめそうになった時、ずっと見ていた2008年世界選手権の映像。
またこれからもくじけそうになった時には2014年 ソチオリンピックの映像を見ることになりそうです。




そして、今よりさらにあきらめの悪い人間になり
今でも社長に、いつもいわれてますけど、「お前はほんまにシツコイ!!!」と言われるんでしょうね・・・(笑)














































消費税アップ

2013.10.07 18:31|時事ネタ
ブログ・・・一応やめてません・・・

更新できておらず、すみません・・・・


ということで、ブログから長らく離れている間に、来年の4月以降から消費税が5%から8%へアップする事が正式決定いたしました。

5%から8%へアップということは、高い買い物をご検討なさっておられる方には大変大きな問題かと思います。


お庭づくりも決して安い買い物ではありません。
税率アップを控えて、新築外構やお庭のリフォームをご検討の方もいらっしゃるかと思います。


税率が変わるタイミングやお庭づくりをするタイミング、一体どうすればよいのでしょうか?



まず、消費税の大原則ですが、

2014年3月31日 までに引き渡された商品については、消費税は5%のままです。
2014年4月1日 以降にお引渡しの商品は8%となります。



これをお庭づくりにあてはめますと、

プラン作成~お庭の工事・完成・引き渡しまでを3月31日までに行ったお庭は消費税率が5%のままなのです。

プラン作成~工事・完成・引き渡しまでに要する期間ですが・・・
お客様のお庭の広さやご希望によって様々ですが、弊社の場合ですと早くて2~3か月くらいはかかる事が多いです。プラン作成はある程度時間を要するものですし、その後のお打ちあわせや見積金額の調整・デザインの検討などを行っておりますと、思いのほか時間がかかります。

それに加えて、工事が完成しなければなりませんが、工事につきましても内容によりますが、少なくとも1ヶ月程度は考えておいた方がよいと思います。

造園・エクステリア業界は、かなりの人手不足です。
工事が決定して明日にでも施工に入ってもよい現場であっても、職人の手が空かず、1ヶ月以上お待ち頂くことも少なくありません。


プラン作りに3か月+施工に2か月=5か月・・・
何としても3月末までに施工を終えたいという場合、逆算すると少なくとも11月にはプランをご依頼するくらいの予定でなくては間に合いません。

納得のいく庭づくりに要する期間は思ったよりかかるものです。


消費税が上がる前にお庭を・・・とお考えの方は急がれる事をおすすめ致します。



----------------------------------------------

しかし、税率が上がるからと言って、あまり慌ててお庭づくりを進めてしまうと、失敗する可能性も発生します。


年間何件か、弊社でも、つくったばかりのお庭(施工後1年未満)を既にリフォームしたいとおっしゃるお客様がいらっしゃいます。

多くは、新築時に外構も含めてすべて施工をしたのですが、建築や引越しに気を取られてる間に庭がいつのまにかできてしまい、実際に使ってみると使いにくかったという例がほとんどです。

つまり、お庭づくりにじっくりと検討する時間をかけられなかったということなのです。




でも、そんな事言っても、急げっていうし、消費税上がるし、でも腰を据えて考えなければ失敗するって言うし、

どうしろと・・・・


下の表をご覧下さい。


消費税率アップに伴う施工金額の変化

工事金額 税込5% 税込8%  差額
100万円 105万円→108万円 3万円アップ
200万円 210万円→216万円 6万円アップ
300万円 315万円→324万円 9万円アップ
400万円 420万円→432万円 12万円アップ
500万円 525万円→540万円 15万円アップ


新築外構でお庭をつくる場合の目安にしていただければと思うのですが、
100万円~300万円内の価格で外構一式を施工なさる方が多い様です。

それを上記表でみると、消費税増税に伴う、加算出費金額は3万円~9万円

お庭のアイテムで言いますと、

3万円、H=2.5mの植木1本

6万円 おしゃれなポスト

9万円 少し小さな屋外用物置設置

でしょうか。



それに対して、施工後1年未満でお庭のやりなおしをなさる方の施工金額は10万円~50万円が多いです。


新築外構は、お庭づくりが初めての方がほとんどです。
急いで工事を行い、後々やりなおし工事をするよりも、
消費税率は上がっても、ゆっくり納得のいく庭づくりを進める方が無駄がない場合もあります。

弊社の場合は、特に新築外構をご検討の方には、1ヶ月程度の入居生活を行って頂き、生活パターンを知り、お庭のご検討を行って頂くという方法をおすすめしております
(もちろんお急ぎでお庭施工をご希望の場合は随時対応させて頂いております)


それに対してリフォームのお客様は、プランの進みが平均して早い傾向にあります。

それは、もう長年暮らされて生活パターンをよくご存じな為、ご希望がハッキリされている。
庭をかなり勉強されていて、ある程度の知識をお持ちである

という事があげられます。


消費税率がアップする。という事は生活の中でも大変重要な事ですし、お庭づくりはとても大きな買い物です。

しかし、お庭は不特定多数の方が目にする重要な空間。

その事を踏まえて、納得のいく買い物にする為にどうすればよいのかのご検討材料にしていただけますと幸いです。















千年猛暑

2013.08.10 14:00|時事ネタ
ここ数日異常な暑さが続いてる備後地方です。

毎日屋外で作業しているワケではないのですが、ちょっと水やりや片付けに屋外に出ただけでもその尋常じゃない暑さをヒシヒシと感じております。

今年は何でも千年ぶりの「千年猛暑」だとか。

千年前といえば日本では平安時代
サラっと千年猛暑とか言ってますが、千年前の気温なんてどうやったら分かるのか?

適当な事書くワケにも行かないし、ネットで千年前の気温を推定する方法を探してたらちっともブログが前に進みません・・・どうやら樹木の年輪で推定しているそうです。

まあ、アスファルトやビルは無いにしても、平安時代の貴族はエアコンも無い中、十二単などよく着用できたものです。その分冬は寒かったそうですが・・・

非常に寒がりな私、昌三園の女王。

小さい頃から冷え性で冬が苦手です。子供なのに、既に冷え性で夜眠れない事も・・・本当に冬は辛いです。

よく、冷え性だから夏は強いですよね。

と言われます。



夏は夏でダメなんです


気温が暑いのはまだしも、日差しにものすごく弱く、日中に肌を露出しようものなら大やけどするくらい日焼けに弱いのです。お蔭で暑い最中でも、首にストールは一日中巻いてます。


そんなこんなで、夏と冬はほとんど世の中の役にたっていない私です。

役には立たずとも写真撮影や水やりくらいはできるので・・・



現在施工中のお客様宅で水やりです。

IMAG0799.jpg

IMAG0795.jpg

IMAG0792.jpg

玄関と道路の間にあまりスペースが無いのですが、それでも緑が入ると雰囲気が変わります。

目隠しの板塀も入りました

IMAG0812 (1)


暑い時期の完成になりそうです。

昌三園では基本的に建築物が建ってから、しばらくお住まいになって頂き、
生活の導線、車の一番使いやすい止め方、視線が気になる箇所などを知って頂きおにわ造りにプランに入らせて頂いております。

このM様邸につきましては、建築前からのご相談でした。
しっかりしたプラン計画、車の台数など、お客様がかなり検討を重ねてくださっていたお蔭で、ご入居前からのお庭づくりを行う事ができました。

ありがとうございました。


IMAG0804.jpg

花壇の管理にも行ってまいりました。

※女王の姿ではありません。お手伝いに来て下さった、オシャレナンバーワン職人さんです。

IMAG0807.jpg


花壇の植え替えだったのですが、土の乾燥と暑さで、植えている最中にどんどんお花がしおれていってしまいます。やはり、夏はあまり植物をいじる季節ではないのだと思います。

が、しっかり水を与えると、すぐに元に戻ります。

夏はとにかく水やりがポイントです。


IMAG0809.jpg

先月、工事を終えたばかりのお客様宅です。
はやり夏だけあって、芝生が著しく成長しています。

もちろん、お客様のこまめな管理があってのこの美しさです。

植物の元気がないとの事で、お伺いしたのですが、植栽工事を終えた途端の千年猛暑だったため、元気を無くしている植物の姿もありました。

とにかく、この夏さえ乗り切れば・・・

特に真夏に新植を終えられたお客様宅はこまめに訪問して様子を拝見しようと思っております。


もうすぐお盆休みですね。


早い会社はもう今日からお盆休みのところもある様です。

昌三園は

8月13日(火)~18日(日)までお休みとさせていただきます。

どうぞ宜しくお願い致します。








京都 大学生協 プリン4000個誤発注騒動に思う

2012.11.12 12:05|時事ネタ
昨晩のニュース番組で知ったのですが、

京都のある大学の生協職員が、焼きプリン20個発注するつもりが、タイプミスで4000個も発注してしまったところからコトが始まります。

当然、プリンは賞味期限もありますし、期限内に一大学で4000個も売りさばく事などできませんので、
近隣の学生数の多い総合大学などにも協力を頼みます。

各大学生協内には山積みにされた焼きプリン


当然、普通に売ったところで、「何でプリンが山積みやねん?誰が食べんねん?」で終了なんでしょうけど、

ある学生が、誤発注で生協にプリンが山積みになっている画像をtwitterで配信。

あっという間に情報が広まり、なんとその日に焼きプリン4000個が完売してしまったというお話です。

mmi_purin_01.jpg


http://www.nikkansports.com/general/news/p-gn-tp0-20121110-1044852.html

昨晩の報道番組では、「京都中の学生が動いた!」というSNS美談となっておりました。

確かに、SNSの長所を利用した心温まる活用例で、私も他人事ながらホッとしました。



が、素直に美談として受け取れないひねくれ者の私、昌三園の女王。


一番悪いのは、誤発注をした生協職員さんなのです。



が、



普段20個程度の発注しか行わない取引先から、いきなり4000個発注された側も何とも思わなかったのでしょうか?

発注はパソコンに数量を入力してEnterキーを押すだけなので、誤入力の可能性も十分に考えられます。
尋常な量ではありませんし。

私なら絶対に電話で確認します。



というのも、私が資材を発注している先の皆様はダメダメな私を、確認電話一本で助けてくださっているからです。

我が社は元々植木屋なので、樹木は得意なのですが、
アルミ製品やブロック製品などが少し苦手で、特にアルミ製品の発注は細かい間違いをしている事があるのです。

「○○をご注文頂きましたが、××と△△では色が違いますけど大丈夫ですか?」
「★★を注文いただきましたが、ご注文くださった数量ですと、組み立てがうまくいきませんが大丈夫ですか?」

などなど・・・

これらの確認電話でどれほど私が誤発注から救われたことか!

発注されたモノをただ右から左へ配送するなら、小学生でもできるでしょう。
もしくは、PC1台置いておけば済む事です。

しかし、そこに発注資材の内容をみて、どんなものを造ろうとしているか想像して、きちんと完成できるのかどうか判断する

というプロの人の手が入る事で間違いが防げるのです。

誤りがある事を前提として、仕事を行う事はとても大切だと思います。人間は間違えるので。

発注ミスがあれば、発注しなおしなどでまた日数がかかり、特に期限を切られている現場などでは大変な事になりかねませんので。


そんな事、発注された側の知ったこっちゃないとおっしゃる方もおられるでしょうが、私はそうは思いません。

仕事をしていると、ついつい自分に直にお金を落としてくれる人にばかり目が向きがちです。


私の場合で言いますと、資材をおろしてくれる問屋さんになりますが・・・


問屋さんは、誤発注だろうがなんだろうが、私から注文した資材の代金を回収できれば問題ないでしょう。

しかし、元を正せば、問屋さんに支払う代金は、庭をつくるお客さまから頂くもので、
私のポケットマネーではありません。

ありがとうございます。と問屋さんからお声掛けいただきますが、
その「ありがとう」は、工事をご依頼下さるお客様がいらっしゃるからこそです。

私が発注したものが、何処でどうなる程度の発想と責任を持って頂ける業者さんとは私も長くお付き合いさせていただきたいな・・・と思うのです。


エラそうな事を書きましたが、モノを売る仕事はただモノを売るだけではなく、工事をする会社は工事だけをするのではなく、最終的に誰がどう使うのかまで見据えて仕事をしてゆきたいものです。


最後に、誤発注4000個のウチの1400個を引き受けた京都大学生協、さすがですね。

担当者が女性の方だそうですが、お手製のプリンの被り物を作成し、それを自らかぶってレジに立ち、1400個の完売を目指したそうです。

オトコマエです。









03 ← 2017/04 → 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

昌三園の女王

Author:昌三園の女王

広島県福山市「ガーデンアート昌三園」でお庭の設計の仕事をしております。

こちらも宜しくお願いします

ガーデンアート昌三園本サイト

昌三園の社長のブログ
昌三のあしあと
施工の様子はコチラカラ
昌三園施工日記
広島スタッフブログ
広島スタッフブログ

2009年以前の記事

2009年以前の記事はコチラから

最新記事

月別アーカイブ

リンク

最新コメント

Author: 昌三園の女王
“ 今何時? ”

“ ブログを書いて育てるぞ ”

“ カテゴリ ”

“ 検索フォーム ”

“ QRコード ”

QRコード

“ RSSリンクの表示 ”

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。