スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女王、ミモザワールドに迷い込む(3日がかりで書きました)

2012.03.17 15:27|植物のこと
去る3月8日はイタリアでは「ミモザの日」だったそうで。

1121dl.jpg


その日はすべての女性に感謝する日。男性たちは女性にミモザの花束を贈り、
女性達は家事から解放され、楽しく1日を過ごすということを知りました。



実は我が社のフェイスブックページに「ミモザの日」の事を掲載すると、
ミモザには香りがあるのかどうかというご質問を頂きました。

回答の為、ネットでミモザについて色々と調査すると・・・・・



そこから、思いもよらず、はてしないミモザワールドに迷いこむ事になってしまったのです。


調べたところによると、ミモザには主に流通している2種類、

○フサアカシア
imgp43491.jpg


○ギンヨウアカシア
img_6972-s.jpg


があり、よく似ています。

違いを述べるなら、

花や葉、樹木の大きさ共に「フサアカシア」の方が大きいということ。
それから「フサアカシア」の方に芳香があるということでしょうか


しかし、日本で主にミモザとして流通しているのは、芳香がほどんとない「ギンヨウアカシア」の方です。

理由は、「ギンヨウアカシア」の方が樹木が小さいうちからお花をたくさん付けますし、
大きさも「フサアカシア」より小さいので、日本には向いてるからだとの事。



ほぉ~~~。なるほど。
植木屋になって何年経つことやら、ひとつ勉強になった・・・ウンウン。



とサラっと丸め込まれそうになったのですが、

さっきから「ミモザ」の事を調べているのに、
出てくるのは「ギンヨウアカシア」だの「フサアカシア」だの、


「ミモザ」の「ミ」の字も出てこない・・・




じゃあ「ミモザ」って何やねん?


調べてビックリ。

ミモザって本当は「オジギソウ」の事なんだそうです。
そんな「オジギソウ」の学名は「Mimosa pudica」



確かに、オジギソウの葉っぱとミモザの葉っぱ。似てますね。
Mimosa_pudica_HabitusLeavesInflorescences_BotGardBln0906a-s.jpg

↑オジギソウ

imgp43491.jpg


↑ミモザ

オジギソウの花とミモザの花。色こそ違えど形状が似てますね。


そんなこんなで、アカシアの事をミモザと呼ぶ様になったらしいのです。


ほおぉ~なるほど。



本当は「アカシア」の事を「ミモザ」と勝手に呼んでるだけなのか!

また一つ勉強になった・・・




と、またしてもうまく丸め込まれそうになりましたが、








じゃあ、「アカシア」って何やねん?

日本の歌謡曲には「アカシア」を歌詞に盛り込んだ歌が多いのですが、例を挙げて見ますと




「思い出はアカシア」 歌:石原裕次郎(特にファンなわけではありません)

........思い出はアカシア 別れの白い花........

------------------------------------------------------

acacia[アカシア] 作詞作曲:松任谷由美

銀の花が散ってる風と陽ざしの中で 知らない町にきている....


---------------------------------------------------

このようにアカシアの花の色を白とか銀と形容しています。

そして、蜂蜜の原料の花として有名でもありますが

12003_l.jpg
山田養蜂場の蜂蜜の商品です。画像お借りいたしました。
アカシアと思われる花の絵がラベルに書いてあります。

黄色い花がトレードマークの「アカシア(=ミモザ)」なのに、花は黄色くありません??




じゃあ「アカシア」って何やねん?



つい先ほど、「ミモザ」は本当は「アカシア」という植物の事である。

と説明したのですが、


どうやら、日本で一般的にアカシアというと

Acacia.jpg

黄色い花が咲く「ミモザ」の事ではなく
こちらの白い房状になっている花が咲く木の事を言っている様です。



この「アカシア」と呼ばれている植物、本当は「ニセアカシア」(和名:ハリエンジュ)と言います。

丈夫で花が美しいので、街路樹にも多用されております。

キレイな花姿に似合わずトゲを有しておりまして、私を含む、造園業の皆様からの評判は悪いです。

ニセアカシアの剪定の時はトゲのせいでしょっちゅう


「イデ====!!」

と叫ばねばならず、作業着も破れたりして私自身もあまりいい思い出はありません。



実は、この「ニセアカシア」

明治時代、さかんに輸入された時期がありまして
その当時は「ニセアカシア」ではなく
「アカシア」と呼ばれていたのです。

ま、学名が「Robinia pseudoacacia」なので、あながち間違いではありませんが・・・





しかし、時が経ち、現在ミモザと呼ばれている、「フサアカシア」や「ギンヨウアカシア」が輸入される様になってから、区別する為に「ニセアカシア」と呼ぶ様になりました。


ほぉおおお~~~、勉強になった。

いやしかしヤヤコシイ。



話を要約すると、

「ミモザ」は本当は「オジギソウ」の名称


でも、「オジギソウ」に似ている「アカシア」の事を勝手に「ミモザ」と呼んでいる。


しかし、昔から、日本で「アカシア」と言えば、白い花がついてる樹木の事をいっていた。


実は、昔日本で「アカシア」と呼ばれていた植物は実は「ニセアカシア」という植物で、
今でも「アカシア」と「ニセアカシア」を混同している場合が多い。



本当に混乱してしまいますが、




最期に、混乱ついでに申し上げるなら

mimosa tree(ミモザツリー)と検索してしてみてください。



出てくるのは「ネムノキ」なんです!!

124546771318916126127_R0011649.jpg


http://www.fast-growing-trees.com/Mimosa.htm

どうやら、海外(英語圏)ではミモザツリーというと、ネムノキの事らしいです。

なんでネムノキやねん?

イヤ、もう調べる気力がありません・・・・・・


本当にヤヤコシイですね。
でも、ミモザもアカシアもオジギソウもネムノキも植物学上でいうなら親戚同士の
近い種類なんですよ。


--------------------------------
ただ、ニセアカシアについて、注意を申し上げるなら
ニセアカシアは日本名でハリエンジュとも呼ばれ「外来生物法の要注意外来生物リスト」に加えられている植物です。

外来生物法の要注意外来生物リスト

繁殖力が旺盛で、日本の在来生態系を破壊する可能性がある植物なので
取扱いに注意する様にと環境省から注意が促されております。

花もキレイですし、丈夫ですが、むやみに植えたりしない方が良いのではないかと思われます。

実際、河原や空き地に大繁殖を遂げており、
私も現場作業に出ていた頃、刈っても刈っても生えてくるこのニセアカシアに困らされたものです。

--------------------------------------

ということで、3日に渡ってチマチマ書き続けた、植物の事。
ちょっとミモザについて調べ始めてとんでもない事になってしまったお話でした。

最後まで読んで下さった方、おられるでしょうか?

お疲れ様でした。
植物の世界は本当に奥が深いです。

それでは皆様、よい休日を!!


スポンサーサイト

リフォーム完了

2012.03.14 20:22|ただ今施工中
ずっと以前施工中の様子をご紹介した現場かと思います。

工事完了後、やっと暖かくなり、天気もよくなったので写真撮影にお邪魔してまいりました。

P1000872.jpg

今日は本当にいいお天気でした。
温かくなったので、落葉樹の芽吹きの様子も確認してきましたが、小さな芽がふくらみはじめていました!

まだ木々に緑が戻っていませんが、芽吹きが楽しみな状態です。

こちらのお客様宅に初めてお尋ねしたのが、昨年の真夏。
以前より、歩きやすく開放的な感じになったのではないかと思います。

P1000831.jpg

P1000914-1.jpg
石の間に植栽した草も頑張って冬を乗り越えてくれました。

P1000864.jpg

お庭の奥のこの細長い景石 

P1000863.jpg

こんな形の自然石、手に入れるのが本当に大変で、大変で・・・!

というのはウソなのですが、
この景石は本物の自然石ではなく、希望の形に自然石を作製したと申しましょうか・・・・

なかなか説明がしにくいのですが、
諸先輩方のお知恵を拝借して、この様な造形物も作成してみました。

久しぶりに、お客様とお会いしましたが、
ご主人様がお庭に椅子を置いて眺めてくださっているとのことで、私共も大変嬉しく思っております。

年齢や時間の経過と共にお庭を含めた住空間は使い勝手が変化してきます。
今回は車を入れやすく、歩きやすく、管理しやすく、

そして、何より、楽しくお庭で過ごして頂けるリフォームを目指しました。

また木々が茂った新緑の頃に撮影に伺いたいと思っております。
お客様、本日はご協力ありがとうございました。

今後ともどうぞ宜しくお願い致します。また寄らせて頂きます。



年末から年始にかけて、和のお庭のリフォームが偶然にも続いております。



現在進行中は、古くなった竹垣のリフォームです。
CIMG2588.jpg

CIMG2593.jpg


↓コチラにも竹垣のリフォームの様子を掲載しております。
http://www.ga-shozoen.co.jp/blog/takegaki.html

後一息。

お客様、工事中は色々お気遣いありがとうございます。
もうしばらく宜しくお願い致します。



旬のものを頂きました。

2012.03.13 20:15|雑感
温かい日がボチボチとあらわれてくれる様になって参りました。


と思えば


昨日など吹雪が吹き荒れておりました。


こうやって少しずつ暖かくなるんでしょうね。

春を身近に感じておりますが、昨日、そんな春を感じる旬のモノを頂きました。

CIMG1331.jpg


イチゴです。

実は毎年頂いているイチゴなのです。
ものすごくいい香りが事務所中に漂う程の絶品!

実際甘くて、柔らかくて、とても美味しいのです。

ところが、下さった方曰く、今年は寒くてイチゴがあまりできなかったらしく、
例年ならドッサリ持ってきてくださっているのですが、そういえばいつもより少な目。

農家の方も売るイチゴが無いとの事。


もちろんイチゴはハウス栽培なのですが、
ハウスとは言え、やはり旬のもの、自然のものなので、収穫が気候に左右される様です。

粒も小さいとのことですが、
今年もそれは美味しく頂いて、大満足。

そして春の訪れを感じたのでした。







と普通に終わる当ブログではございません。


実はこのイチゴは少し早めの




ホワイトデーのお返しなんです。




覚えてますか?皆さん、明日はホワイトデーですよ!!


バレンタインデーに愛のこもった贈り物を頂いた男性の方々。

この大切な日をどうぞお忘れなき様。




私もとても楽しみにしています!!ニヤリ・・・

(脅迫ではありません。あしからず・・・)














ひな祭り

2012.03.03 21:22|時事ネタ
最近、ようやく寒さが和らいでまいりましたが、いかがお過ごしでしょうか?

温かくなってきたのは喜ばしいのですが、お天気が悪く現場の写真撮影になかなか出動できず困っております。

さて、本日は3月3日「ひな祭り」です。

皆様はどのようにお過ごしですか?

女の子がいらっしゃるご家庭では華やかな日々を過ごしているのでしょうね・・・・


そんなひな祭りですが、ほぼ男性の私の仕事環境では何が起こるわけでもなく。
甘酒でも飲もうかと酒粕を冷蔵庫に入れておいたのですが、

何を思ったかひな祭りなぞすっかり忘れて、


3日程前に会社で甘酒を作って皆で飲んでしまいました!!



ところで、皆さんはひな祭りに関するある言い伝えをご存じですか?


「ひな飾り」をいつまでも片付けないでいると嫁に行けなくなるっていう・・・



実はあれ、











迷信じゃないですよ・・・・





だって、私自身が証拠ですから・・




生き証人昌三園の女王です。ハイ。




私は雛飾りが大好きで、いつまでも見ていたくて、片付けるのをイヤがってましたから。



本当は、お雛様をいつま~でも出している様なだらしのない事をしていたら、お嫁には行けませんよ!

という先人の戒めなのではないかと言われています。


なるほど、それも理に適ってますね。




いつしか出す事もなくなったお雛様。

古くは、季節の変わり目の邪気を払う節句だったそうですが、せっかくの日本古来の行事を楽しむ事くらいはすべきだったと反省しております。


次の節句は端午の節句、私の大好きな5月です。


次こそは、きちんと楽しもうと思っています。

それでは皆様、よい週末を!








02 ← 2012/03 → 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

昌三園の女王

Author:昌三園の女王

広島県福山市「ガーデンアート昌三園」でお庭の設計の仕事をしております。

こちらも宜しくお願いします

ガーデンアート昌三園本サイト

昌三園の社長のブログ
昌三のあしあと
施工の様子はコチラカラ
昌三園施工日記
広島スタッフブログ
広島スタッフブログ

2009年以前の記事

2009年以前の記事はコチラから

最新記事

月別アーカイブ

リンク

最新コメント

Author: 昌三園の女王
“ 今何時? ”

“ ブログを書いて育てるぞ ”

“ カテゴリ ”

“ 検索フォーム ”

“ QRコード ”

QRコード

“ RSSリンクの表示 ”

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。