スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

将来のビジョン

2013.08.30 13:38|雑感
昨日、同業の若い女性Yさんとワケあって、ご自身の現在の目標と私の将来のビジョンをお話する機会がありました。

以前から感じていたのですが、Yさんがお勤めの会社のスタッフさんは非常にみなさん感じがよく
お仕事すること、その会社に所属していることに喜びと自信を持っておられる様に感じます。

この業界に足を踏み入れて、長くはないので、まだ自信がない事やできてないと思う事などある様ですが、
それでも○月○日までに ××ができる様になるという目標を聞かせていただきました。

そして、ずっとこの仕事を続けたいとも・・・



女王 号泣(心の中で)




というのも、このお仕事今でこそ女性プランナーさんの数が増えましたが、

私がこの業界に足を踏み入れた時(造園業)には、庭をプランする専門スタッフなどという概念が存在せず、
現場で作業する人が、夜、手書きで設計をする程度だった様に思います。
そもそも、経理、総務以外の本業で女性が活躍する機会自体が無かった様な・・・

ほぼ完全な男性社会でしたが、そんな中でも造園業に女性の姿をチラホラとみかける様になり・・・
エクステリア業界にも女性の数が増えてきて・・・

でも、やめてしまう方も多く、
きっと女性が長く続けるのは難しい業界なんだろうと思っていました。


Yさんのお話を聞いて、やりがいを感じずっと頑張りたいと思って下さる方がいるんだと思うととても嬉しくなりました。


地元でポツンと10年以上も造園業に居座り、入ってはやめていく女性をさびしく見送り、

20代の頃は、おねーちゃんと周りの男性から呼ばれていた私も、

いつの間にか「姉さん」「女王」などと呼ばれる様になってしまい、私の事を呼び捨てで呼んでくれる人もいなくなってしまいました。



余談ですが、懇意にさせていただいているお客様のお子様にちょっとしたプレゼントをお渡しした際、
(その方は私の年齢をご存じです)


ありがとうございます~~~~。ほら、○○ちゃん

オバ・・・・・おねーちゃんにお礼を言いなさい」





あの・・・・・・・・・・・・




今、オバちゃんって言おうとしましたよね?






いいですよ。オバちゃんで。一応、自覚あるんで、



ていうより、気を遣って言い換えて頂いた方が身に沁みます・・・

でも、お気遣い感謝します。





私自身はいつでもおねーちゃんと呼ばれていた新人の頃のままなのに。

「おねーちゃん ようけ(たくさん)耳に穴があいとるんじゃのお」
(若気の至りで、ピアスが8個くらいついてました)

と言ってくれてた職人さんとも当分顔を合わせてません。

私もエエ歳になり、33歳の厄年を境に金属アレルギーになってもうピアスもつけられなくなりました。
時がどんどん流れてるのを感じます。


話が逸れましたが、そんな私が今度は将来のビジョンをお話しする事になりました。

ビジョンなんて改まって言われてもなあ・・・私のビジョンて何だろう。
キッチリと紙に書いた事もないし。

でも、確かに毎日頑張って仕事しているし。頭のサビ防止に資格試験は受ける様にしてるし、じゃあ私は何のために頑張ってるんだろう・・・


と思い語り始めた私のビジョン・・・というよりまとまりのない心情の吐露となってしまいましたが、
意外にも自分の目標や思ってる事、こうしたい、ああしたいと思っている事がとめどなく出てきました。

自分でもとても意外な事で、自分が無意識のうちに頑張っている理由が人に聞いてもらう事で、なんとなく理解できた様に思いました。


最初は若い女性に協力するという形で始まった対談ですが、私が逆に勉強させていただいた結果となりました。やはり人と話すということは大きな力になります。
お礼を言ってYさんは帰られましたが、お礼を言うのは私の方でした。

ありがとうございました。


で、女王のビジョンて何??




それは、誤解を生まない様、多くの皆様にお伝えするには、ブログ1か月くらい連載しないと語りきれないかもしれません。



実際に、お話しする機会のある方とはゆっくりお話しできればいいな・・・と思っています。

ここ最近、スランプばかりで(スランプというより私の自業自得ですが)毎日暗く生きている日々がお盆明けから続いていたのですが、なんだか少しハッとした気分でした。














スポンサーサイト

猛暑未だ覚めやらず

2013.08.23 18:10|お知らせ
とりあえず、この猛暑です。

今年はお盆を過ぎても一向に収まる気配のない猛暑。
植物を大切にして下さっているお客様方からは、木が枯れたとのご報告も少なからず頂いております。

ここまで暑いと、実のところ打つ手立てはありません。

枯れ木の植え替えは暑すぎて無理ですので、枯れてしまった樹木は抜いて、涼しくなるのをお待ち頂くのが現状です。とりあえずは水をいつも以上にやって頂いて、暑さが薄らぐのをお待ち頂く状況です。

地面もものすごい勢いで乾きますので、普段よりも多めに水遣りなどを行って頂く必要があります。


が、水遣りは小さなスペースであっても、かなり時間が取られるものです。
それに加えて、蚊の大群・・・

夕方に水遣りすると涼しくていいですよ。とはいうものの蚊に襲われながらのんびりと水やりなどできるものではありません。


以前も水やりアイテムとしてスプリンクラーをご紹介致しましたが、友人より水やりグッズを紹介してもらいましたのでご報告いたします。

東京に1戸建て住まいの友人、この度お盆の帰省の際に、便利グッズに庭の番を頼んできたらしいのですが、
それがコレ。

1377233181345.jpg

タイマー式の自動散水器です。

いわゆる、設定時間が来ると自動的に水を散水するものです。

自動散水は電源が必要ですが、こちらは乾電池式なので、面倒な電気工事は必要ありません。

また、雨が降った時に自動散水装置が作動して、水やりを行っている姿などは何やら物悲しいものがありますが、そういった事を防ぐためにこちらの装置は、土内の水分量を図るという機能もついています。

1377233194802.jpg

1377233231375.jpg
1377233221773.jpg

差し込みノズルが小さいので、割とどんな場所にも設置する事ができるようです。

友人より、帰宅後の植物の様子をきいてみましたが、イキイキとしていた様で、少々お高い商品ですがそれなりの効果はあったようです。

(資料提供:ガーデニングにハマっているご主人がいらっしゃる友人S家様より ありがとうございました)

ただ、一つ、スプリンクラーは大変便利なものですが、あくまでも水やりの補助の一つです。たまには人間の目で、きちんと水が行き届いているか確認しなければなりません。

IMAG0924.jpg

この写真を見て下さい↑ これは、現在の我が社の植物です。タマリュウのシートが枯れている箇所と青々としている箇所、くっきり分かれております。何故このような事になったかと言いますと、
スプリンクラーの散水が届くところ、ギリギリ届かなかったところでこのような差ができてしまったのです。

僅か数センチの差で、枯れるところと青々とするところがクッキリと別れてしまうのです。
水やってるから大丈夫と思っていたタマリュウですが、まだらになってしまいました。

たまにはスプリンクラーの位置を動かしたり、人間の目でチェックする事も必要です。


今日も、中国地方、大雨に注意・・・と記事がでていましたが、期待すれども大雨は山陰の方ばかり、市内にはちっとも降る気配がありません。
あと1ヶ月くらいは水やりに注意が必要です。

 

千年猛暑

2013.08.10 14:00|時事ネタ
ここ数日異常な暑さが続いてる備後地方です。

毎日屋外で作業しているワケではないのですが、ちょっと水やりや片付けに屋外に出ただけでもその尋常じゃない暑さをヒシヒシと感じております。

今年は何でも千年ぶりの「千年猛暑」だとか。

千年前といえば日本では平安時代
サラっと千年猛暑とか言ってますが、千年前の気温なんてどうやったら分かるのか?

適当な事書くワケにも行かないし、ネットで千年前の気温を推定する方法を探してたらちっともブログが前に進みません・・・どうやら樹木の年輪で推定しているそうです。

まあ、アスファルトやビルは無いにしても、平安時代の貴族はエアコンも無い中、十二単などよく着用できたものです。その分冬は寒かったそうですが・・・

非常に寒がりな私、昌三園の女王。

小さい頃から冷え性で冬が苦手です。子供なのに、既に冷え性で夜眠れない事も・・・本当に冬は辛いです。

よく、冷え性だから夏は強いですよね。

と言われます。



夏は夏でダメなんです


気温が暑いのはまだしも、日差しにものすごく弱く、日中に肌を露出しようものなら大やけどするくらい日焼けに弱いのです。お蔭で暑い最中でも、首にストールは一日中巻いてます。


そんなこんなで、夏と冬はほとんど世の中の役にたっていない私です。

役には立たずとも写真撮影や水やりくらいはできるので・・・



現在施工中のお客様宅で水やりです。

IMAG0799.jpg

IMAG0795.jpg

IMAG0792.jpg

玄関と道路の間にあまりスペースが無いのですが、それでも緑が入ると雰囲気が変わります。

目隠しの板塀も入りました

IMAG0812 (1)


暑い時期の完成になりそうです。

昌三園では基本的に建築物が建ってから、しばらくお住まいになって頂き、
生活の導線、車の一番使いやすい止め方、視線が気になる箇所などを知って頂きおにわ造りにプランに入らせて頂いております。

このM様邸につきましては、建築前からのご相談でした。
しっかりしたプラン計画、車の台数など、お客様がかなり検討を重ねてくださっていたお蔭で、ご入居前からのお庭づくりを行う事ができました。

ありがとうございました。


IMAG0804.jpg

花壇の管理にも行ってまいりました。

※女王の姿ではありません。お手伝いに来て下さった、オシャレナンバーワン職人さんです。

IMAG0807.jpg


花壇の植え替えだったのですが、土の乾燥と暑さで、植えている最中にどんどんお花がしおれていってしまいます。やはり、夏はあまり植物をいじる季節ではないのだと思います。

が、しっかり水を与えると、すぐに元に戻ります。

夏はとにかく水やりがポイントです。


IMAG0809.jpg

先月、工事を終えたばかりのお客様宅です。
はやり夏だけあって、芝生が著しく成長しています。

もちろん、お客様のこまめな管理があってのこの美しさです。

植物の元気がないとの事で、お伺いしたのですが、植栽工事を終えた途端の千年猛暑だったため、元気を無くしている植物の姿もありました。

とにかく、この夏さえ乗り切れば・・・

特に真夏に新植を終えられたお客様宅はこまめに訪問して様子を拝見しようと思っております。


もうすぐお盆休みですね。


早い会社はもう今日からお盆休みのところもある様です。

昌三園は

8月13日(火)~18日(日)までお休みとさせていただきます。

どうぞ宜しくお願い致します。








07 ← 2013/08 → 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

昌三園の女王

Author:昌三園の女王

広島県福山市「ガーデンアート昌三園」でお庭の設計の仕事をしております。

こちらも宜しくお願いします

ガーデンアート昌三園本サイト

昌三園の社長のブログ
昌三のあしあと
施工の様子はコチラカラ
昌三園施工日記
広島スタッフブログ
広島スタッフブログ

2009年以前の記事

2009年以前の記事はコチラから

最新記事

月別アーカイブ

リンク

最新コメント

Author: 昌三園の女王
“ 今何時? ”

“ ブログを書いて育てるぞ ”

“ カテゴリ ”

“ 検索フォーム ”

“ QRコード ”

QRコード

“ RSSリンクの表示 ”

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。