スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心よりお見舞い申し上げます

2011.03.14 13:53|ご報告
本日はまず、


東日本大震災で被災された方、

並びにお亡くなりになられた方

心より、お悔みとお見舞いを申し上げます。

そして、何よりまだ生存されているかもしれない被災者の皆様の一刻も早い救助を願っています。



世の中がこんなに大変な時に、西日本で何事もなかったかの様に業務ができている事が不思議で。
先ほども原発3号機に爆発が起こったとの事。

昨日は、東北に住む私の知人と連絡が取れず不安で一杯でした。
でも、夕方頃無事との一方が入りホッとしています。



一体この先どうなるのか・・・・

まだ行った事のない東北。
美しい田園風景や港が広がる町。いつか行ってみたいと思っていました。

なのに、信じられない様な姿になってしまいました。
すべてが流されていく姿を目の前でみた被災者の方の気持ちを思うといたたまれません。

被災地から遠く離れた私ですら不安です。被災されている方の不安はいかばかりか。

次々と入る被害状況の内容。被災地の方々の悲痛な声
家族がバラバラになってしまった方へのインタビューは直視できないほど辛いです。
テレビを見ては涙する毎日。

ただ泣くばかりで、何もできない無力な自分を情けなく思っております。

でも、たとえ被災地から遠く離れていても小さな日本です。
私も、皆さんも必ず何かできる事があるはずです。

ボランティアに行ったり、支援物資を送ったり、募金をしたり・・

色々あるとは思いますが、なにか行動を起こす前に一息深呼吸してください。


ボランティアもただ行けばいいというわけではありません。
受け入れ体制が整っているかどうか確認してください。

送ろうとしている物資は、必要とされているものですか?
それ以前に物資は届くのでしょうか?
モノによっては送っても役に立たないものがあります。また、送っても過剰になってしまうものもあります。
きちんと状況を把握して、状況を見て必要なものを、きちんとした方法で送りましょう。

募金・・・何をすればいいか分からない方はコレが一番かと個人的に思っています。
ただし、きちんとした企業や団体が行っている事を確認して寄付をしましょう。


私は地震の揺れさえなかった中国地方に住んでいます。
被災地とは遠く離れていますが、その分、冷静に報道を見る事ができます。

何が必要なのか、どうすればよいのか、おちついて、求められている事が何なのか確認しましょう。

そして、災害が起こって必要とされているボランティアや寄付は何も今だけではありません。

一段落付けば、次は復興に向けての歩みが始まります。

テレビでは悲惨な状況を流し、ついつい私たちの気持ちが高ぶってしましますが、
救出作業が済んだあと、一番大事なのは、生き残った人達が、また元の生活がそこで普通に送れる様になる事です。

その時にだって私たちが協力できる事はたくさんあります。


それから、チェーンメールには要注意です

○関西電力から東京へ援助送電するので、関西の人は節電してほしい
(このメールは転送しない様に、関西電力から注意喚起がでております)
○日赤が援助物資を募集している(してないそうです)
○自衛隊が各都道府県で援助物資を募集している(してないそうです)
○コスモ石油のコンビナート爆発に際して・・・有害物質が降るという情報(コスモ石油のサイトで否定しています)

何かしたい、という思いからすぐに飛びつかず、まずはおちついてウェブや問い合わせなどで確認してみてください。

ありがたいことに、世界各国からも援助の申し出を頂いています。


被害の全容が少しづつ明らかになっている今。目を覆いたくなる現実も目にすると思います。

ただ地震にやられてばかりでは仕方ありません。

津波の本当の恐ろしさを国民だけでなく、全世界の人が知ったと思います。
電気の供給がストップした首都がどんなにもろいものか
原子力発電所が今の日本に必要不可欠であること(今の東京を見れば明らかですね)
そして地震への新たな対策
災害への備え

多くの事を目にしました。これは今後生きていく上で十分に教訓にすべき事柄です。


でも、戦争で焼け野原になっても、原爆で100年は草木も生えないと言われた広島も、震災後の神戸だってものすごいスピードで復興を遂げました。
傷はとてつもなく大きいですが、きっと今回もできるはずです。

微力ではありますが、私も自分にできる事で国民の一人として協力するつもりです。


最後に、今回の震災でその有用性を発揮したtwitterから心に残るつぶやき集です。

http://prayforjapan.jp/tweet.html







スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

04 ← 2017/05 → 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

昌三園の女王

Author:昌三園の女王

広島県福山市「ガーデンアート昌三園」でお庭の設計の仕事をしております。

こちらも宜しくお願いします

ガーデンアート昌三園本サイト

昌三園の社長のブログ
昌三のあしあと
施工の様子はコチラカラ
昌三園施工日記
広島スタッフブログ
広島スタッフブログ

2009年以前の記事

2009年以前の記事はコチラから

最新記事

月別アーカイブ

リンク

最新コメント

Author: 昌三園の女王
“ 今何時? ”

“ ブログを書いて育てるぞ ”

“ カテゴリ ”

“ 検索フォーム ”

“ QRコード ”

QRコード

“ RSSリンクの表示 ”

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。