スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サクラ サクラ言いますが・・・

2011.04.11 22:58|雑感
今日は少し花冷えのする日でしたね。

この週末は丁度お花見日和の週末でしたが、皆さんはどちらにお花見に行かれましたか?

私は、土曜日に会社のサクラを眺めました。



コレ、我が社のサクラです。
P1070353-2.jpg

今年もいい花を付けてくれました。


日本全国の特に関東界隈の花見スポットのサクラってほとんどが「ソメイヨシノ」という品種だと思います。
「ソメイヨシノ」という名前は皆さん、よく御存じですよね。

サクラ開花予想ってたくさんあるサクラの中でも「ソメイヨシノ」の開花が何時頃かという予想なのです。

今や日本を代表するサクラではないでしょうか?



ところで、ソメイヨシノは↓です。
2008-09-16T08_57_10-56806.jpg

我が社のサクラは↓
P1070353-2.jpg



どうも我が社のサクラってソメイヨシノではない様ですね。
花の色も濃いし、花びらの数も多いし。

しかし、どういう品種のサクラかはわかりません。


でも、コレ植えた時は確かに「ソメイヨシノ」だったんですよ。



「ソメイヨシノ」の荷札も付いてたし。

じゃ、何でこんな事になったかと言うと・・・



突然変異?
間違えて売りつけられた?



じゃなくて、実は元々、「ソメイヨシノ」じゃないからなんです。





??????????????????




実は「ソメイヨシノ」って、江戸時代くらいに植木屋さん達つくったのではないかと言われている人工的は交配品種で、自然に生えてるサクラじゃないんです。(このあたりの説は私も実はよく知りません)



「ソメイヨシノ」って発芽力がなく、たとえ種から発芽しても、それはソメイヨシノとは違う品種になってしまうらしく、種から育てられないんです。

じゃ、日本に何万本とある「ソメイヨシノ」はどうやって増えたかというと、




クローン技術です。



今ある「ソメイヨシノ」はすべて1本の「ソメイヨシノ」から始まったクローンなのです。



クローン作製の方法


ヤマザクラ(が多いです)の苗木を取ってくる
ヤマザクラの苗木の枝を切る


ソメイヨシノの枝を切ってきて

ヤマザクラの苗木の切り口にソメイヨシノの枝を引っ付ける

しばらく置いておく

ヤマザクラにソメイヨシノの枝が引っ付く


ソメイヨシノのクローン完成


つまりヤマザクラを土台として、その枝にソメイヨシノの枝を引っ付けて成長させているのです。



こうやって世のソメイヨシノは増えてゆきました。



クローン技術なんて面白おかしく書きましたが、

この方法を接ぎ木といい。ソメイヨシノの土台にされた木を台木といいます。


台木はヤマザクラが多いみたいですね。

数年前、我が社にやってきたソメイヨシノ(実は違うサクラ)ももちろん接ぎ木の状態でした。

数年後の花見を楽しみに植えて、放置していたところ・・・



接いだはずのソメイヨシノはいつの間にか消えてしまい、

元々の台木にしていた品種不明のサクラが勝ってしまいました。



けど、台木に選ばれただけあって、強いし成長も早く、ソメイヨシノより華やかで、私は結構好きです。

サクラは散り際が鮮やかなんていうけど、この会社のサクラは結構いつま~でもダラダラ咲いてて、ソメイヨシノより開花も長いし、楽しませてもらってます。


今、ソメイヨシノ問題ってのがちょっと囁かれてて・・・

ソメイヨシノの寿命が約60年と言われています。

今、日本中にあるソメイヨシノは終戦直後に植えられたものなので、日本中のソメイヨシノが一斉に寿命を迎えるのではないかと言われております。

尾道千光寺のソメイヨシノもそろそろ寿命・・・?
しかし、今は若いソメイヨシノも植えられています。


ま、今年も立派に咲いたし、まだ大丈夫でしょう!

ソメイヨシノが散っても、開花の遅い八重桜がまだ残ります。もう少し楽しめそうですね。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

03 ← 2017/04 → 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

昌三園の女王

Author:昌三園の女王

広島県福山市「ガーデンアート昌三園」でお庭の設計の仕事をしております。

こちらも宜しくお願いします

ガーデンアート昌三園本サイト

昌三園の社長のブログ
昌三のあしあと
施工の様子はコチラカラ
昌三園施工日記
広島スタッフブログ
広島スタッフブログ

2009年以前の記事

2009年以前の記事はコチラから

最新記事

月別アーカイブ

リンク

最新コメント

Author: 昌三園の女王
“ 今何時? ”

“ ブログを書いて育てるぞ ”

“ カテゴリ ”

“ 検索フォーム ”

“ QRコード ”

QRコード

“ RSSリンクの表示 ”

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。