スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

けんせつ小町

2014.10.29 16:48|時事ネタ
<新愛称>「けんせつ小町」女性進出促進などで 日建連
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141022-00000053-mai-soci

以下記事一部抜粋
-----------------------------------
日本建設業連合会(中村満義会長=鹿島建設社長)は22日、建設業界で働く女性のための新たな愛称を発表した。土木系の女性が「ドボジョ」の愛称で親しまれている中で、「建築系を忘れないで」との声を受けての命名。今後、業界の「公式用語」としてアピールしていく。
------------------------------------

ということで、私、昌三園の女王の事は今度から「けんせつ小町」と呼んで下さい。

正直ナイスネーミング!と個人的には思いませんが、
ケンジョ(建設+女子)とかの方が良かったかも・・・


今はもうほとんど現場作業をしてない私、昌三園の女王ですが、
かつては作業着で仕事をしておりました。

今程、現場に女性がいない時代で(ま、今でもあまりみかけませんが)
女性の現場作業従事者が珍しかったのでしょう。
街路樹剪定の時には行き交う車の中からジロジロ見られたものです。

当時はあまり名前を呼んでもらう事もなく、

「○○(会社名)のねーちゃん」と呼ばれたりしてました。


本当なら女性が居るはずの無い場所に、何故か一人いる場違い感はあったものの、
それでも皆さん、何もできない私に気を遣ってくださって受け入れていただいた事には大変感謝しております。


今は、よほど私が恐ろしいのか(そんな事を言われる筋合いはないのですが)
どなたもほぼ、さん付の名前で呼んで下さるのですが、
(もしくは、もはや、ねーちゃんではなくなってしまったのか・・・


当時は、現場はホントは男がやる仕事なんだけど、
まあ・・・こんな時代だし、入れてやってもいいよ。

というのが女性を扱うスタンスだったのですが、


現在、建設業界は空前の人材不足。

つい何年か前までは、建設・土木工事を伴う公共工事を無駄遣いと悪の権化の様に叩かれた時代があり、
その間に、工事単価は下がり、給料は下がり、技術者は引退し、次世代が育成されてないのが現状です。

うがった見方をすれば、現場で働く人が少なすぎるので、
今日から「けんせつ小町」って呼ぶから、
女の人も頑張って働いて下さい!!お願い!!



という国の一大キャンペーンの一環なのかもしれません。




でも、まだ多くは無いけど、建設業を真剣にやってる女性がいるのも事実。
女性が、「居てもいいよ」から普通に「居る」業界に少しはなってきたのかなと思ってます。


今は現場を離れて、設計したり、会社を回すことを考えたりする仕事が多い私ですが、

私の造園業の晴れの出勤第1日目の仕事は、街路樹剪定でした。
道路の排気ガスで顔が真っ黒になったと思って、顔を洗ったら、実は日焼けだったので、顔を洗っても、治らなかったという・・・

そんなこんなで今に至る私です。

「けんせつ小町」としても年季が入ってきましたが、これからもがんばっていきたいと思っています。












スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

10 ← 2017/11 → 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

昌三園の女王

Author:昌三園の女王

広島県福山市「ガーデンアート昌三園」でお庭の設計の仕事をしております。

こちらも宜しくお願いします

ガーデンアート昌三園本サイト

昌三園の社長のブログ
昌三のあしあと
施工の様子はコチラカラ
昌三園施工日記
広島スタッフブログ
広島スタッフブログ

2009年以前の記事

2009年以前の記事はコチラから

最新記事

月別アーカイブ

リンク

最新コメント

Author: 昌三園の女王
“ 今何時? ”

“ ブログを書いて育てるぞ ”

“ カテゴリ ”

“ 検索フォーム ”

“ QRコード ”

QRコード

“ RSSリンクの表示 ”

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。