スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

痛い植物

2014.11.07 13:57|植物のこと
すっかり秋も深まってまいりました。

趣味の本屋めぐりをしていたところ、新しい樹木の本を発見しました。

くらしを楽しむ 庭木の本

DSC_1449.jpg


この本、おススメです。プロの方にも、一般の方にも。


樹木図鑑の様な本はあまり頻繁に買う事はありませんが、
何年かに1回は買い足しています。

というのも、樹木にも流行があり、何年か周期で掲載される樹木が変わってくるからです。

パラパラとめくると、昔からある定番樹木のほかに、今までみなかった樹木も新たに掲載されていました。

今回気になったのは、メギという植物です。
DSC_1447.jpg

このメギは今に始まった事じゃないくらい、昔から庭木の本には掲載されている植物なのです。

葉の色が美しい低木で、庭のアクセント的な植物なのですが、
もう、何年も植えてないな・・・・とふと思いました。↓メギの画像
http://image.search.yahoo.co.jp/search?ei=UTF-8&fr=top_ga1_sa&p=%E3%83%A1%E3%82%AE

というのも、この木痛いんです。

まだ駆け出しの頃、メギの美しさに魅かれ、とある大きなお庭にたくさん植えさせていただいたのですが・・・

枯れる事もなく、育っておりますが、
とにかく痛い。

剪定でお邪魔させていただいても、棘があることを忘れて手を突っ込んで

「イダ(痛)~~~~~~~!!」

となり、痛かった事をわすれて、剪定の枝を片付ける時にまた枝を掴んで

「イダ(痛)~~~~~~~~~~~~~~~!!」ってなり、

枝を片付けたはずなのにまだ
「イダ(痛)~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!」ってなるからどうしたんだろうと思ったら

地下足袋にメギの棘がささっていたという、葉色の美しさとはウラハラになかなか嫌がらせ度高い樹木です。
そんな事も3年程続くと、いい加減私も学習して、
メギがある個所はシレ~~~っと避けて別の樹木の剪定をしてると、

事情を知らない新しいスタッフや、手伝いに来てくださってる職人さんが今度は

「イダ(痛)~~~~~~~~~~~~~~!!」ってなって

遠くで私はその声を聴きつつ、

「だろうな・・・・」 (妖笑)


と、メギ以上に性格の悪い事を行っているわけなのです。


こちらの本には美しく、管理も簡単、との触れ込みで掲載されておりますが、


細く鋭い棘がたくさんあって、小鳥も止まれないという意味で

メギは別名(コトリトマラズ)という凶悪な名前を持っています。

メギは結実するので、実が鳥に食べられない様に棘を持っているものと思われます。

でも、とても美しい植物なので、チャレンジできる機会がある方には植えていただきたい植物です。
今の時期は葉の紅葉と実が楽しめます。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

03 ← 2017/04 → 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

昌三園の女王

Author:昌三園の女王

広島県福山市「ガーデンアート昌三園」でお庭の設計の仕事をしております。

こちらも宜しくお願いします

ガーデンアート昌三園本サイト

昌三園の社長のブログ
昌三のあしあと
施工の様子はコチラカラ
昌三園施工日記
広島スタッフブログ
広島スタッフブログ

2009年以前の記事

2009年以前の記事はコチラから

最新記事

月別アーカイブ

リンク

最新コメント

Author: 昌三園の女王
“ 今何時? ”

“ ブログを書いて育てるぞ ”

“ カテゴリ ”

“ 検索フォーム ”

“ QRコード ”

QRコード

“ RSSリンクの表示 ”

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。