スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人のフリみて

2010.02.03 20:47|時事ネタ
今日は寒かったですね。

先ほど、いのっちが真っ赤な顔をして

「熱があるみたいなんで帰っていいですか・・・・・」

と言って帰りました。気温がコロコロ変わるので体がついていかないのかもしれませんね。

早く治してね~~。

さて、最近は打ち合わせやプラン作成、HPのリニューアル作業ばかりであまり現場に行けておりません。
現場も進行しているのですが、写真が掲載できず申し訳ありません。

現在工事進行中のM様、いつもお気遣いありがとうございます。
どうぞよろしくお願い致します。


また、現在打ち合わせ進行中の住宅展示場、久々に植栽多めの現場になります。
どうぞよろしくお願いいたします。




さて、先日からテレビを賑わせている相撲協会の理事選挙。
大方の予想に反して、貴乃花親方が理事に当選しました。
何かと閉鎖的で問題の多い相撲協会に風穴が空いたと無関係ながら私も喜ばしく思っておりました。

私は貴乃花世代で、現役当時は彼のファンで、よく相撲を見ていました。
同世代の親方がどのように改革していくのかを楽しみにしていた矢先、

立浪一門の指示に反して貴乃花親方に票を投じた安治川親方が、造反を表明し退職というニュースが・・・


投票後に立浪一門は反省会と称する、造反者探しの会合を開いて犯人捜しに血眼になっていたとのこと。
その場で安治川親方は造反を表明し、退職に追い込まれたわけですが。



このニュースを聞いて、私は




どこの北朝鮮かと思いました。




現代の日本で、まだこのような事が行われているのですね。
聞くところによると、北朝鮮でも一応選挙の様なものが実施されているのですが、

立候補者の名前が書いてある投票用紙を渡され、候補者に賛成の場合はそのまま何も記入せず投票箱に投票。
反対の場合のみ、机に行って×と書いて投票するそうです。

だから、誰が反対票を投じたか一目瞭然。反対票を投じた人はそのまま連行される仕組みになっているそうで・・・


選挙としての機能は0に等しいです。


ハタから見るにはどう考えても理不尽なこの相撲協会の選挙。
以前はなんと自分が記入した投票用紙を、立会人なる監視役に見せて投票をしていたとのこと。

今回は投票方法が改められたそうですが、それでも造反者探し。
それを結構なご年配の親方達が地血眼になってやっておられる。

相撲協会という閉鎖的な組織の中では、この状態が「おかしい」という感覚がなくなってしまうのでしょうか?


相撲は伝統の世界、昔ながらの世界というイメージがあります。
世界に誇れる日本文化ですし、このまま守るべき国技ではあると思います。
よく知らない者が口を挟んでもよくないのでしょう。

しかし、時代は進んでいます。
守るべき伝統は守り、時代の常識に合わせるところはチェンジして相撲界も変化しなくては、多くのファンの支持を失うことになるでしょう。


相撲協会の常識は社会の非常識


そんな感想をお持ちになった方もいらっしゃるのではないかと思います。


でも、私もふと思うのです。

「造園業界の常識がお客様の非常識になってないか?」


造園業界は歴史も古いですし、日本の伝統や文化にも深く関係していると思います。
私も、そんな中に浸かってもう10年以上経ちました。
何年経っても庭づくりは奥深く、私など全然深みに到達できそうにない状態です。
しかし、さまざまなお庭を見るにつけ、この業界に入って良かった。と思っています。

でも・・・
いくら伝統が古いからと言って、専門知識があるからと言って、お客様にそれを押し付けてないか?
専門知識は本来お客さまの為に使うべきもの。
本当にそれができているのだろうか?

きちんと説明や対応ができてるのだろうか?

そんな事が気になったりします。

人のフリみてわがふり直せ。


すっかり業界に染まった私ですが、
相撲協会の迷走ぶりを見て、文句を言うばかりでなく、自分自身や会社、業界について考え直してみる機会にしたいと思います。



ちなみに、このブログを書いている最中に、安治川親方が同門の親方衆から退職を慰留されたというニュースが流れました。予想以上の世論の批判に驚いたのでしょうね。
不祥事続きの相撲界ですが、また日本の国技としての輝きを取り戻してほしいと思います。




























スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

04 ← 2017/05 → 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

昌三園の女王

Author:昌三園の女王

広島県福山市「ガーデンアート昌三園」でお庭の設計の仕事をしております。

こちらも宜しくお願いします

ガーデンアート昌三園本サイト

昌三園の社長のブログ
昌三のあしあと
施工の様子はコチラカラ
昌三園施工日記
広島スタッフブログ
広島スタッフブログ

2009年以前の記事

2009年以前の記事はコチラから

最新記事

月別アーカイブ

リンク

最新コメント

Author: 昌三園の女王
“ 今何時? ”

“ ブログを書いて育てるぞ ”

“ カテゴリ ”

“ 検索フォーム ”

“ QRコード ”

QRコード

“ RSSリンクの表示 ”

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。