スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そうだ 京都行こう1

2010.12.08 20:25|嵐ついでに
施工日記アップいたしました。クリックしてくださいね!↓

樹と石と水と板の庭

師走に入り、慌ただしさが増してくる今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

女王、ずいぶん前から決定していたある重要な行事が名古屋であったため、
貴重なお休みを頂いて名古屋へ行ってまいりました。

これでもう、年末の仕事納めまで女王の休みは1日もありませんが、悔いなしの充実した休日でした。



が、その大事な日の当時は朝から吐き気と腹痛。
前々回8月の行事の時は、首ヘルニア 前回10月は寝違え 今回は胃腸不良。

毎回バッチリ快調というワケには行きませんが、とにかく、どんな状態であれ、這ってでも名古屋に行かなくては話になりません。

本当に這う様にして行った名古屋ドームでしたが、
ドームを見た途端、意識がハッキリしはじめ、なんと行事終了後には完治!
その上体力まで回復するという素晴らしい時間を過ごせました。

その後はどうしようかと思っていたのですが、この日はお天気もよくふと思い立ったのが、


そうだ京都行こう!

京都は女王が青春時代を過ごした思い出深い土地。

気が付けばもう久しく行った記憶もありません。
まだ紅葉も残ってるかも・・・と淡い期待を持って久々に京都に降り立ちました。

行き当たりばったりのノープランな為、とりあえず女王が住んでいた場所や思い出のある場所などを巡ってみることにしました。
101206_113029.jpg

女王は京都市南部の伏見区にアパートを借りておりました。
京都南部へは近鉄電車に乗車します。

101206_115655.jpg

この商店街、昔もそうでしたが今も賑わっています。

101206_123054.jpg


商店街をさらに進むとちょっと狭い商店街に入ります。
この商店街には、学生当時、貧しかった女王にダイコン1本を50円で売ってくれてた八百屋さんがあったのですが、
そのお店はもうありませんでした。

ここは今「龍馬通り商店街」という名前になり、龍馬人気で沸いています。

というのもこの商店街を抜けたところに
101206_123158.jpg

101206_123116.jpg

龍馬が定宿としていた寺田屋(当時のままの本物ですよ~~)があるのです。
女王が住んでいたアパートはここから徒歩1分程度のところにありました。
当時は近すぎて寄った事もなく、観光客もまばらでした。

龍馬が人気となった今、やはり訪問せねば・・・・!と張り切って行ったら

休館日・・・・・・・・・

でも、京都は他にも見所がいっぱいです。
伏見は名水がでるので多くの酒蔵があることで有名です。酒蔵の街並みもステキです。

101206_123814.jpg

101206_123714.jpg

この2枚の写真に写ってるのは駒寄せと言って、人や馬で建物に傷がつかない様にする為のものです。

ちなみにこの風情のある建物は

101206_123825.jpg

月桂冠酒造のオフィスです。カッコイ~

101206_124355.jpg

こちらは黄桜酒造さんの記念館です。

101206_124457.jpg
黄桜酒造さんと言えばカッパがトレードマークなんですが、
ホントに申し訳ないんですけど、女王、幼い頃よりこのカッパを見ると泣いていましたので、
こちらの銅像の良さがイマ一つ・・・

私は、体内にアルコールを分解する酵素を持っておりませんので、お酒とはまったく無縁です。
利き酒などができる様でしたが、そんな事すると京都一人旅が続行不能となりますので、
酒蔵はスルーいたしました。

あともう一つ、女王に縁のある場所。

101206_131232.jpg

こちらの神社の境内の

101206_131439.jpg

奥に進みますと

101206_131942.jpg

お水が・・・

こちらの神社 御香宮といいまして伏見の名水を汲ませていただけます。

京都は水事情があまり宜しくなく、学生時代は京都の水がとにかく体質に合わず苦労しておりました。
当時は今ほどミネラルウオーターの価格が安くありませんでした。

生活用水にミネラルウォーターを買うなどと言う贅沢ができずに、
こちらでわずかばかりのお賽銭を払い、大量の水を頂いておりました。

通学用定期券がありましたので、一駅乗ってポリタンク2個抱えて水を汲みにいってたのです。

その節はお世話になりました。

今回もペットボトルに頂いて、当時より少し多めのお賽銭を入れて御香宮を後にしました。


つづく・・・












スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

10 ← 2017/11 → 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

昌三園の女王

Author:昌三園の女王

広島県福山市「ガーデンアート昌三園」でお庭の設計の仕事をしております。

こちらも宜しくお願いします

ガーデンアート昌三園本サイト

昌三園の社長のブログ
昌三のあしあと
施工の様子はコチラカラ
昌三園施工日記
広島スタッフブログ
広島スタッフブログ

2009年以前の記事

2009年以前の記事はコチラから

最新記事

月別アーカイブ

リンク

最新コメント

Author: 昌三園の女王
“ 今何時? ”

“ ブログを書いて育てるぞ ”

“ カテゴリ ”

“ 検索フォーム ”

“ QRコード ”

QRコード

“ RSSリンクの表示 ”

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。