スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あけましておめでとうございます

2011.01.04 14:03|雑感
皆様、明けましておめでとうございます。

本年も当ブログ、およびガーデンアート昌三園をどうぞ宜しくお願い致します。

昌三園の本格業務開始は1月6日(木)からなのですが、
長期にわたってぐうたら生活を送ると、仕事開始の時に体が動きません。

加えて、プランの事を考えるとノンビリ休む気にもならず、私は3日より少ずつ業務を再開致しました。


そんなこんなで相変わらずのバタバタ続きですが、今年も始まりました。


今年は私自身にも、仕事にも一区切り付けたい年です。

いままではただひたすら走り続けてきましたが、そろそろ周りを見て小走りになったり、少しは歩いたり、ちょっと立ち止まって休憩したり、そんな風にできればな・・・と思っています。


さて、皆さんはどんなお正月を過ごされましたか?


私は最近よく聞く、プチ断捨離を決行してみました。

狭い部屋にところ狭しとモノが溢れかえる我が家。
ま、せめて自分の部屋くらいは・・・と思って大晦日から開始しました。

ほんの数時間しか作業してないのですが、出るわ出るわ。
よくもこんな不要なモノの山の中で暮らしていたものだと感心してしまいました。

というか、毎日仕事ばかりでまったく家の事に関心が向いていなかった自分を痛感。

もう何年も読まなかった本は人にあげて、不要な服も人にあげて、使わなくなったケースも人にあげて、ロングヘアだった頃(何年前だ?)のヘアグッズは捨てて、突如出てきた成人式の振袖におののき(2度目の成人式で使えそうだな・・・ハハ・・)嵐が出てる本も・・捨て




捨てれない
20101125130102_page001-1.jpg


コレが断捨離できたら・・・多分、私が私ではなくなるので、もう少し先になりそうです・・・
しかし、コレが服に続いて一番場所を取ってるのですが・・・

原因は、最近、嵐にすりゃいいんだろ。売れるんだろ。という思案が見え隠れする雑誌の表紙。
この年末年始はそりゃもう嵐が表紙になっている雑誌のオンパレードでした。

私は、庭の雑誌や庭の本の新刊チェックの為、毎週本屋には2回程足を運んでおりますが、
どうしてもその時に嵐の本が目につく・・・

時期的に年末は春に向けたお庭の本も結構出てるから、ついつい足を運ぶ回数が多くなるのですが、時間もない上に、嵐の本が多すぎてイチイチ内容までチェック出来なかったので。



全部買ってしまう

という暴挙に・・・案の定、読み切れておりませんが・・・


お正月休みももう少し(と言ってももう仕事してますが)
皆様とよい1年のスタートを切りたいと思っております。

今年もどうぞ宜しくお願い致します。
スポンサーサイト

コメント

新年ご挨拶

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。

断捨離を決行しましたか~。ウチの嫁も昨年、そのフレーズを連呼しながらモノを捨ててましたよ。

しかし、2捨てれば半年後に5増える・・・。活かされてないw
女王はちゃんと断捨離が活かされる様祈ってます。
では、本年もよろしくお願いします。

ブロック男さま

こちらこそ、本年もどうぞ宜しくお願い致します。

断捨離なんですが、確かに捨てるのですが、捨てる以上に増えまくるので、単なる大掃除とあまり変わりがないというかなんというか・・・

ま、新しいモノ好きの宿命なんでしょうが、断捨離が活かされる様にしたいものです。

というか、要るものまで捨ててしまい慌ててます。v-12


非公開コメント

08 ← 2017/09 → 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

昌三園の女王

Author:昌三園の女王

広島県福山市「ガーデンアート昌三園」でお庭の設計の仕事をしております。

こちらも宜しくお願いします

ガーデンアート昌三園本サイト

昌三園の社長のブログ
昌三のあしあと
施工の様子はコチラカラ
昌三園施工日記
広島スタッフブログ
広島スタッフブログ

2009年以前の記事

2009年以前の記事はコチラから

最新記事

月別アーカイブ

リンク

最新コメント

Author: 昌三園の女王
“ 今何時? ”

“ ブログを書いて育てるぞ ”

“ カテゴリ ”

“ 検索フォーム ”

“ QRコード ”

QRコード

“ RSSリンクの表示 ”

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。